砲撃で母と姉妹を亡くしファティマは右足を失った。2018年10月シリア・玉本撮影

◆IS掃討戦で米軍・有志連合の砲弾が家に

「食事の準備をするお母さんの手伝いをしていた。家に爆弾が落ちたとき、何が起きたか分からなかった。とても痛かったことしか覚えていない」

ファティマ(当時10歳)は、このとき両足に重傷を負い、右足を切断。一緒にいた母と姉妹3人は亡くなった。(玉本英子・アジアプレス)

IS敗走の翌年、取材したラッカで。右足を切断し、左足も定期的な治療が必要だったが、生活は厳しく、適切な処置が受けられないでいた。(2018年10月・シリア・ラッカ・坂本卓撮影)

シリア・ラッカは4年近くにわたり過激派組織イスラム国(IS)が支配した。クルド主導のシリア民主軍(SDF)の攻略戦でラッカは陥落し、ISは敗走。それから1年、市内西部のダライヤ地区を取材していた際、出会ったのがファティマだった。

IS拠点都市だったラッカはシリア政府軍(アサド政権)、ロシア軍、そして米軍・有志連合の爆撃にさらされた。写真は「アメリカによる白リン弾爆撃」としてISが公開した映像。(2017年・IS系アマーク通信映像)

民主軍はラッカ攻略戦を前に、前線地域の住民をできるだけ一時避難させ、ISの軍事拠点に近づかないよう呼びかけた。だが移動できない人びとが多数残されたまま、戦闘は激しさを増していった。民主軍を支援した米軍主導の有志連合は空爆と砲撃を加えた。ラッカ近郊には米軍が迫り、前線基地から砲弾を撃ち込んでいた。

ラッカ西部(写真左)にダライヤ地区がある。「家の近くにはIS拠点はなくただの住宅地だったが砲弾が撃ち込まれた」とファティマの父は話した。(2017年・IS映像)

ファティマの家に砲弾が落ちたのは、2017年6月。父親のフセインさん(46)は憤る。

「ここは住宅地で、近くにIS拠点などなかった。家族を失っても被害調査や補償もない」。

フセインさんはタクシーの運転手をするが、収入はわずかで生活は困窮を極めていた。
次のページ: 車椅子生活になったファティマは...... ↓