武装組織イスラム国(IS)が「首都」とするシリアのラッカ。しかし、電気はほとんど供給されず、発電機を使おうにも、市民には燃料を買う お金もない。路上では宗教警察が市民を監視し、空からはアサド軍の空爆に加え、米軍主導の有志連合の空爆で死傷者も出ている。「私たちにとって、ここは地 獄だ」と、ラッカ市内で反ISの活動を続けるアブイブラヒム・アルラッカウィ氏は話す。直接通話によるインタビューは2月上旬行われた。【取材:玉本英 子】

ISには外国人義勇兵が加わる。その多くがトルコ国境を越えて入り込んでくる。写真はクルド組織がIS戦闘員から押収したパスポートや身分証。トルコ、リビア、イエメン、チュニジア、ロシアなど国籍はさまざまだ。(2014年9月 シリア・カミシュリで撮影・玉本英子)

ISには外国人義勇兵が加わる。その多くがトルコ国境を越えて入り込んでくる。写真はクルド組織がIS戦闘員から押収したパスポートや身分証。トルコ、リビア、イエメン、チュニジア、ロシアなど国籍はさまざまだ。(2014年9月 シリア・カミシュリで撮影・玉本英子)

 

多くの外国人戦闘員、宗教警察が社会統制

◆市民生活で他に何が大変ですか?

アルラッカウィ氏:すべてが困難です。たとえば電気です。市内では1日にかろうじて電気がくるのは2時間ほど。電気が止まると水も止まります。市民は発電機を使いたいのですが、給油施設が空爆で破壊されたため、燃料の価格が高騰しています。

電気供給がストップしていることは、あらゆることに影響します。主食のナン(パン)ですが、工場では通常、電気で機械を稼動させナンを製造します。 現在、発電機をまわしていますが、燃料価格の高騰で、ナンの値段も上がっていきます。一食分220シリアポンド(約110円)もします。ISが町を支配す る前の倍以上の値段です。

続きを見る...

<ラッカ内部は今>記事一覧>>>  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)


<玉本英子のシリア報告><玉本英子のイラク報告>