IS戦闘員と強制結婚させられたヤズディ女性サリマ(19・仮名)。拉致された時は17歳。毎日のように「夫」から暴行を受けたと言う。(ドイツにて4月撮影・玉本英子)

IS戦闘員と強制結婚させられたヤズディ女性サリマ(18・仮名)。拉致された時は17歳。毎日のように「夫」から暴行を受けたと言う。(ドイツにて4月撮影・玉本英子)

 

2014年8月、武装組織「イスラム国」(IS)はイラク北西部シンジャルとその周辺地域に暮らすヤズディ教徒を襲撃した。イスラム教に改宗しない男性たちは殺害、3000人を超える女性がIS支配地域へ連れ去られた。女性たちはIS戦闘員と強制結婚させられ、現在も1000人以上が拘束されたままだ。拉致された女性に何が起きたのか。昨年秋、IS戦闘員のもとから決死の脱出ののち、家族の元に逃れることができた女性に話を聞いた。彼女の名はサリマ(18・仮名)。現在はヤズディ被害女性のケアをするドイツの団体の支援を受け、ドイツに仮滞在している。このインタビューは今年4月、ドイツでおこなった。(取材:玉本英子)

◆拉致後、女性を集団連行し戦闘員に分配
私はシンジャル近郊のある町に家族6人で暮らしていました。大都市モスルが6月にISに制圧されたため、私たちの地域は、住民が自警団をつくっていました。8月のある夜、ISが突然、町を襲撃しました。圧倒的な武器の前に自警団はなすすべもありませんでした。

続きを見る...

「イスラム国」拉致のヤズディ女性は語る(2)へ

【ヤズディ教(ヤジディ教)】
ゾロアスター教の流れをくむといわれるが、イスラム教やキリスト教の影響も受けている。イラク、シリア、トルコなどにまたがる地域に暮らす。イラク国内には最も多く、およそ60万人が暮らし、クルド語を話す。フセイン政権下では迫害され、イラク戦争後はイスラム武装勢力から「悪魔崇拝」として狙われてきた。ヤジディ教、エズディ教とも表記される。

【関連記事】
〔写真特集〕イラクのヤズディ教徒たち 受け継がれてきたヤズディ教(ヤジディ教)の共同体
〔写真特集〕 イスラム国の迫害にさらされるヤズディ教徒
<イラク現地ルポ>虐殺、拉致…ISに蹂躙された街シンジャルを行く