ISはシンジャル一帯を制圧後、1年半あまりに渡り町を支配。クルド勢力との攻防の末、シンジャルの町はクルド側が奪還したが、近郊では今も激しい戦闘が続く。写真はシンジャル市内のIS戦闘員。(IS映像)

ISはシンジャル一帯を制圧後、1年半あまりに渡り町を支配。クルド勢力との攻防の末、シンジャルの町はクルド側が奪還したが、近郊では今も激しい戦闘が続く。写真はシンジャル市内のIS戦闘員。(IS映像)

シンジャルで拉致されたヤズディ女性サリマ(18・仮名)は、IS戦闘員の「第二夫人」として監禁生活を送る。彼女が繰り返し聞かされたのは、ヤズディ教がいかに悪い信仰かということだった。女性拉致も住民殺戮も、宗教的に正しいことと話すIS。サリマの話からはISがヤズディ教徒を同じ人間と見なしていなかったことが分かってきた。拉致から1年3か月後に脱出を果たし家族と再会、その後、人道団体の支援でドイツに避難した彼女に会った。(玉本英子)

【連載を最初から読む】
「イスラム国」拉致のヤズディ女性は語る(1)に戻る
「イスラム国」拉致のヤズディ女性は語る(3)へ

計画されていたヤズディ襲撃
私を拉致した戦闘員アハマド(仮名)はイラク北部の出身。そこはイスラム教やキリスト教、ヤズディの人たちなど、さまざまな民族や宗教を持つ人びとが暮らす町です。そのためか、彼はアラブ人でしたが、クルド語を少し話せたようです。でも、彼は私がクルド語を話すことを許さず、会話はいつもアラビア語でした。

アハマドは毎日のように私を怒鳴りつけ、暴力を振るいました。ある日、私はおそるおそる彼に訊いたことがあります。
「なぜあなたは、そんなにヤズディのことが許せないのですか?あなたが生まれ、育った町の近くにはヤズディの人たちも暮らしていたでしょう?あなたは彼らとともに食べ、ともに水を飲んで、その家でシャワーを浴びたはず」
アハマドは「あいつらはイスラムを信じぬ、罪深き不信仰者だ」と言いました。「ヤズディは宗教じゃない。彼らはアッラーを信仰するのではなく、タウスマレク(孔雀天使)を崇める。それをアッラーは許していない」とも言いました。

イラク北部ニナワ県シンジャル郊外のヤズディ教徒の町で2007年8月、町の中心地など数箇所に爆弾と積んだトラックが爆発、375人の死者と400人を超える重軽傷者を出した。イスラム武装勢力アンサール・スンナ軍がヤズディ教徒殺戮を狙ったものとされる。2011年撮影玉本英子

イラク北部ニナワ県シンジャル郊外のヤズディ教徒の町で2007年8月、町の中心地など数箇所に爆弾と積んだトラックが爆発、375人の死者と400人を超える重軽傷者を出した。イスラム武装勢力アンサール・スンナ軍がヤズディ教徒殺戮を狙ったものとされる。2011年撮影・玉本英子

彼は、地元のスンニ派武装勢力は以前からヤズディ教徒を狙っていたと、次のように言いました。
「俺たちはグラゼルやシバ・シェクイドルでの攻撃の前から、彼らを殺すことや、女たちを奴隷にすることを計画していた。その日のために、自分たちで訓練をして武器を準備していたのだ」
(※ヤズディへの大規模爆弾事件:2007年夏にアルカイダ系武装勢力が車爆弾で数か所のヤズディの町を攻撃、300人を越える住民が殺害された)
後にISが台頭し、それが現実のものとなったのです。アハマドが「将来は、残りの者たちも捕まえてやる。今度は女たちも殺すだろう」と言った言葉が忘れられません。
【写真特集】イラクのヤズディ教徒たち◆フセイン政権崩壊後~武装勢力の標的に

私は、監禁されていたアハマドの家に誰もいない時、こっそりとクルド自治区で放映される衛星放送を見ていました。ニュースでは、ISに追われてシンジャル山へ逃げたヤズディたちの映像がよく流れていました。山では幼い子どもたちが食べ物を求め、お年寄りは死んでしまったということでした。私は涙がこぼれて仕方ありませんでした。

拉致されたヤズディ女性サリマ(18歳・仮名)は戦闘員の「第二夫人」として家に監禁された。ヤズディ教は悪魔を崇拝していると何度も責められたという。(ドイツにて4月撮影・玉本英子)

拉致されたヤズディ女性サリマ(18歳・仮名)は戦闘員の「第二夫人」として家に監禁された。ヤズディ教は悪魔を崇拝していると何度も責められたという。(ドイツにて4月撮影・玉本英子)

どうして私たちがこんな目に遭わなければならないのか。どんな罪を犯したのか。彼らはヤズディを同じ人間とは見ていない。そこから逃げることもできず暮らさなければならない自分の運命を悲しく思いました。ある時、テレビを見ているのをアハマドに見つかってしまいました。「なぜお前は、ヤズディが映るチャンネルなんか見て泣いているのだ」と殴られました。

シンジャルで住民に何が起きたのか知りたかった私は、その後もこっそりと衛星放送を見ました。アハマドはそのチャンネルを見えないようにしてしまいましたが、私は何度も何度も、そのチャンネルに設定し直して、ニュースを見ました。
【写真特集】イラクのヤズディ教徒たち◆「イスラム国」による殺戮~町が消える

ISの人たちは「ヤズディをイスラム教徒にさせたことで、正しく導いてやった」と正当化していましたが、力づくで、強制改宗させただけです。
「なぜお前たちは俺たちの宗教から逃げようとするのだ。なぜここへ来てイスラム教徒にならないのか」と言われました。でもそんなやり方で、心からその宗教を信じられるわけがない。私たちの心を変えることはできない。そのことを彼ら自身も知っていたはずです。(つづく)
「イスラム国」拉致のヤズディ女性は語る(1)に戻る
「イスラム国」拉致のヤズディ女性は語る(3)へ

【ヤズディ教(ヤジディ教)】
ゾロアスター教の流れをくむといわれるが、イスラム教やキリスト教の影響も受けている。イラク、シリア、トルコなどにまたがる地域に暮らす。イラク国内には最も多く、およそ60万人が暮らし、クルド語を話す。フセイン政権下では迫害され、イラク戦争後はイスラム武装勢力から「悪魔崇拝」として狙われてきた。ヤジディ教、エズディ教とも表記される。

【関連記事】
【連載・写真特集】イラクのヤズディ教徒たち(1)◆受け継がれてきたヤズディ教(ヤジディ教)の共同体
〔イラク〕なぜイスラム国(IS)に志願したのか?◆拘束されたイラク人の元戦闘員にインタビュー「貧しさと恨みから」