ISはシンジャル一帯を制圧後、1年半あまりに渡り町を支配。クルド勢力との攻防の末、シンジャルの町はクルド側が奪還したが、近郊では今も激しい戦闘が続く。写真はシンジャル市内のIS戦闘員。(IS映像)

ISはシンジャル一帯を制圧後、1年半あまりに渡り町を支配。クルド勢力との攻防の末、シンジャルの町はクルド側が奪還したが、近郊では今も激しい戦闘が続く。写真はシンジャル市内のIS戦闘員。(IS映像)

シンジャルで拉致されたヤズディ女性サリマ(18・仮名)は、IS戦闘員の「第二夫人」として監禁生活を送る。彼女が繰り返し聞かされたのは、ヤズディ教がいかに悪い信仰かということだった。女性拉致も住民殺戮も、宗教的に正しいことと話すIS。サリマの話からはISがヤズディ教徒を同じ人間と見なしていなかったことが分かってきた。拉致から1年3か月後に脱出を果たし家族と再会、その後、人道団体の支援でドイツに避難した彼女に会った。(玉本英子)

計画されていたヤズディ襲撃
私を拉致した戦闘員アハマド(仮名)はイラク北部の出身。そこはイスラム教やキリスト教、ヤズディの人たちなど、さまざまな民族や宗教を持つ人びとが暮らす町です。そのためか、彼はアラブ人でしたが、クルド語を少し話せたようです。でも、彼は私がクルド語を話すことを許さず、会話はいつもアラビア語でした。
続きを見る...

【ヤズディ教(ヤジディ教)】
ゾロアスター教の流れをくむといわれるが、イスラム教やキリスト教の影響も受けている。イラク、シリア、トルコなどにまたがる地域に暮らす。イラク国内には最も多く、およそ60万人が暮らし、クルド語を話す。フセイン政権下では迫害され、イラク戦争後はイスラム武装勢力から「悪魔崇拝」として狙われてきた。ヤジディ教、エズディ教とも表記される。

【関連記事】
【連載・写真特集】イラクのヤズディ教徒たち(1)◆受け継がれてきたヤズディ教(ヤジディ教)の共同体
〔イラク〕なぜイスラム国(IS)に志願したのか?◆拘束されたイラク人の元戦闘員にインタビュー「貧しさと恨みから」