タリバン政権崩壊後も軍事作戦は続いていた。当時、民間機はなく、国連の飛行機でアフガンに入った。(2002年2月・撮影:アジアプレス)

◆タリバン後のカブールへ
カブールは灰色と土色の混ざり合った街だ。土塀に囲まれた家並みがつづき、街全体が車の排気ガスと砂挨に包まれていた。
タリバン政権崩壊から3ヵ月がたっていた。街のあちこちにはタリパンを称賛する看板がまだ残り、通りを歩く女性のほとんどが、頭の先から足元までを隠す青いブルカに身を包んでいた。

私はイスラム風に黒スカーフを頭に巻いて、顔をだして歩いていた。すれ違う男たちの視線が突き刺さる。
「タリバン時代は、通りで女性の顔を見ることなんてなかったのよ」
女性の通訳が笑って言った。

ある日、路地で遊ぶ子どもを撮影していると、玄関の扉の隙間から女性たちが私を見ていた。私が笑顔で手を振ると、彼女たちは「おいで、おいで」と私に手招きをする。

招かれた部屋のなかでは、じゅうたんの上に座り込んだ女性たちがお茶を囲んでいた。赤や黄色などの色柄のワンピースに、ゆったりとしたズボンをはいて華やかだ。

カブール市内を歩くブルカ姿の女性。(2002年4月撮影:玉本英子)

日本のメディアは、「タリバン政権崩壊後、これまで外出時の着用を強制されていた女性たちがブルカを脱ぎはじめた」と伝えていた。タリバンによる女性抑圧の象徴といわれたブルカだが、彼女たちはどう感じているのだろうか。
「別に昔からあるものだから気にならないわ」
「外に出るときに靴をはくのと同じようなものよ」

意外にも「タリバンに強制されてつらかった」という意見を聞くことばない。「タリバン政権の前に大学に行っていた女の子は嫌だったろうけどね」と中年の女性はつけ加えた。

ザルミーナの情報を求めて取材をはじめた私だが、カブールにはまだ人権団体などはなかった。国連事務所や法務省などにも足を運んだものの、情報は皆無だった。だが、取材は思わぬところで進展することになった。
次のページ:女性たちに、処刑されたザルミーナについても尋ねてみた…