ラッカでスパイをしたとしてISはサッカー選手らを処刑。(2016年:IS写真)

 

◆サッカー選手やスタジアムもISの標的に

盛り上がりを見せるサッカー・ワールドカップ。イラクやシリアの子どもたちの一番の人気スポーツは何といってもサッカーだ。

「どのチームが好き?」と聞くと、「僕はレアル・マドリード」「断然、FCバルセロナさ」と各国のチーム名がいくつも挙がる。

いまからちょうど4年前、ワールドカップのブラジル大会が開かれていた頃、イラクとシリアでは過激派組織イスラム国(IS)が急拡大していた。

2014年6月、ISはイラク第2の都市モスルを制圧し、「国家」樹立を宣言。8月にはシンジャルのヤズディ教徒を襲撃し、大量虐殺と女性拉致が起きる。9月にはシリア・コバニの総攻撃を開始した。

当時、イラクやシリアの知人、友人たちがネットで発信したいくつもの悲鳴。

「どこにも逃げる場所がない」「親戚が殺された・・・」

ワールドカップに世界が沸くなか、数十万の人びとが家族や土地を失い、悲しみのどん底にあった。

ISはサッカー自体は否定せず、シリア・マンビジではサッカーをする子どもたちの映像も。シリア入りした外国人戦闘員の子どもが施設で集団生活を送っていた。(2015年・IS映像)

シリア・マンビジでサッカーをする子どもたち。外国人戦闘員らの家族移住者の施設では、こうしたスポーツ活動に加え、信仰教義学習や軍事訓練などもおこなわれていた。(2015年・IS映像)

サッカーもまた戦争に巻き込まれてきた。多数の人が集まるサッカーの試合は、ISの標的となった。

2015年、フランス・パリで起きたISによる連続襲撃事件では、オランド大統領とドイツ外相も観戦する仏独サッカーの試合中のスタジアムが狙われ、入口近くで自爆テロが起きた。

2016年にはバグダッド南部の町でアマチュア・サッカーの試合で自爆攻撃があり、30人が死亡。ISの自爆犯はまだ10代とみられる少年だった。