シリア北西イドリブの反体制派にアサド政権は攻撃を続けてきた。(地図作成・アジアプレス)

◆困窮する市民生活

シリア北西部で8年間にわたり反体制諸派が拠点としてきたイドリブ県一帯では、シリア政府軍とロシア軍による武装勢力掃討の大規模な攻撃で多数の住民も犠牲となってきた。国連は4月下旬以降だけで、450人以上の住民が殺害、44万人以上が避難と報告している。8月1日、政府軍は条件付きで停戦に合意したが、5日には再び軍事作戦を開始、住民は不安を抱えている。イドリブ市内で取材活動を続けるシリア人フリー記者ジャベール・アル・バクリ氏(30歳)が、ネット電話を通して現地の状況を語ってくれた。(聞き手:玉本英子・アジアプレス)

イドリブを中心に取材活動を続けてきたジャベール・アル・バクリ記者。(写真:本人提供)

ジャベール・アル・バクリ記者:
もともとハーン・シェイフンに暮らしていましたが、激しい攻撃で自宅が破壊され、マアラト・アル・ヌマンに移りました。そこでも空爆があり、住宅だけでなく、私が確認しただけでも3つの病院が破壊されました。私と家族は5月のはじめ頃にトルコ国境近くの村に避難しました。

そこでは、たくさんの逃れた家族が分散するように、木の下に身を寄せていました。地元のいくつかの支援組織が活動していましたが、物資はまったく足りていませんでした。水も少ししかもらえず、食べ物もひと家族ごとの、わずかな割り当てでした。

トルコ国境近くの農村部では、空爆や戦闘から逃れてきた家族らが、木の下に身を寄せていた。(2019年5月・撮影:ジャベール・アル・バクリ)

ジャベール記者も家族とともに避難。戦火から逃れようとたくさんの家族が避難先で苦悩に打ちひしがれ、心が痛んだとジャベール記者は話す。(2019年5月・撮影:ジャベール・アル・バクリ)

私と妻、両親、弟3人は、避難民キャンプに暮らす友人を頼りました。しかし、大人7人にテントは小さく、特に妊娠中の妻には過酷すぎたため、7月に入り、イドリブ市内へ移動しました。

今のところ、イドリブ市内に限って言えば攻撃はありません。店も開いていて、一見普通の町に見えます。反体制派の武装した人たちの姿もあまり見かけません。武装組織が多くいるのは、イドリブ南部方面の前線地域のようです。自由シリア軍やシャム解放機構(HTS・旧ヌスラ戦線)が、政府軍の侵入を阻止しようとしていると聞いています。