イドリブ南部でのロシア軍機による爆撃で破壊された民家。(撮影・ジャベール記者)

シリア北西部イドリブ県では反体制諸派が支配、シリア政府軍とロシア軍よる激しい攻撃が続く。イドリブ出身で、現地で取材活動を続けるシリア人記者ジャベール・アル・バクリ氏(30歳)がネット回線を通じて現地の状況を語った。(聞き手:玉本英子・アジアプレス)

シリア北西部イドリブ市内では戦闘は起きていないが、周辺地域では反体制派と政府軍が衝突、住民は戦闘拡大を懸念。(2019年8月・撮影:ジャベール・アル・バクリ)

◆「逃げたくても逃げられない」

ジャベール・アル・バクリ記者:
7月21日、私の友人で地元記者のアナス(23)が、ハーン・シェイフンで亡くなりました。彼はイドリブの戦闘や苦境にある市民の日常を記録するかたわら、戦火の中に生きる猫にも目を向け、撮り続けていました。また民間レスキューチーム・ホワイトヘルメットの隊員として住民救助にも奔走していました。ロシア軍機の爆撃で建物は破壊され、その下敷きになって命を落としました。彼はエネルギッシュで、優秀な青年でした。悲しくて、つらくて、涙が止まりませんでした。

イドリブでは8月1日、反体制派とシリア政府軍側で、条件付きで「一時停戦」の合意がなされたが、5日には戦闘が再開。(2019年8月・撮影:ジャベール・アル・バクリ)

ロシア軍は戦闘機のほか爆撃機を投入してイドリブやシリア各地で「テロ組織掃討」の空爆を続けてきた。写真は巡航ミサイルを射出する様子。(2017年・ロシア国防省映像)

地元の住民たちは、イドリブから隣国トルコへ避難したいと思っています。しかし、トルコ国境にはコンクリートの高い壁が設置されていて、乗り越えることはできません。トルコ側にはシリア人の密入国を防ぐための国境警備部隊がいて、国境そばに近づけば射殺されてしまうでしょう。
次のページ: 私が一番心配なのは... ↓