(1)たまねぎの水分を飛ばすこと。そうしないとベチョベチョになるので注意

 

玉本英子 現場日誌
4月12日 バグダッド
イラクの家庭料理を紹介します。
クッバはイラク家庭のお昼ごはんの定番。わかりやすく言うと、「お米ベースのひき肉コロッケ」です。こどもたちに大人気の定番メニュー。日本人の口にも十分合います。
爆弾事件とか悲しいニュースが多いですが、その一方で、人びとには普通の日常があります。イラクの文化なども知っていただけたらと思います。

------------------------------------------------------------------------------------

クッバのつくり方(7、8人前)
材料
米4合 ---インディカ米(いわゆるパサパサした細長いお米)
(イラクではアンバル米がベストといわれる。アンバル州は武装勢力と米軍が激しい戦闘をしていたところです)
ジャガイモ --- 小5個
コリアンダー --- (イラクのはあまり香りがしない)お好みで
たまねぎ --- 小2個
ひき肉   --- 400グラム
コショウ -------- 子さじ半分(お好みで)
     -------- 子さじ半分
1:具 具をつくる。ひき肉を炒め、みじん切りにしたたまねぎ、コリアンダーを加え、さらに炒め、塩こしょうを加える。
2:ころも ころもをつくる。炊いた米にゆでたじゃがいも小5個をいれ、お餅の少し手前ぐらいの状態まで手でこねる。
3: ころもをおだんごぐらいの大きさにそれぞれちぎり、中に具を詰め込んでいく。
4: 3を卵をからめて、フライパンに大さじ3~4杯程度の油で揚げる。コロッケのようにパン粉をまぶす必要ありません。
※ ケチャップやソースなどをつけて食べる。油で揚げないで、そのままトマトスープで煮込んでも美味しいです。

(2)だんごのように中に肉を詰め込む。最初は難しく思えたが、だんだん慣れるとスピードがあがってくる。

(3)少量のサラダ油で揚げる。表面がきつね色になれば出来上がりです。

 

【バグダッド・玉本英子】
<<前 │ 次>>