ISはSNS上で拉致女性を売り買いしている。画面には10歳・7000ドルとある。ポーズをとらされている。拉致被害者救出団体は、こうした通信を監視し続ける。(2016年・ドホーク・撮影:玉本英子)

 

ノビラス一家の故郷シンジャルは破壊され、仕掛け爆弾もあちこちに残る。ISは撤退したものの、クルド自治政府とイラク政府が対立し、双方がシンジャルでの覇権を取り合うようになってしまった。

2014年シンジャルを制圧したIS。現在、ISは軍事的に敗退し、支配地域を失いつつあるが、ヤズディ教徒たちは「いつかまた過激組織に狙われる」と口を揃えて言う。(2014年・IS映像)

 

ISはイラク・シリアでの支配地域のほとんどを失った。「ISは崩壊した」とメディアでは報じられる。だがヤズディ教徒は帰還できないまま避難生活を強いられ、拉致された家族を捜している。ISも戦争も終わってはいないのだ。

「またきっとヤズディ教徒の殺戮が起きる。そして次も誰も助けてくれないだろう。政府も他宗派の隣人も何もかも信じられなくなってしまった」

ハッサンの言葉が重く響いた。

シンジャル近郊の村のノビラス一家の家。ISに爆破された。ISは住民が戻れないよう、民家を徹底的に破壊したという。(2016年9月・イラク・シンジャル近郊ソラグ村・撮影:玉本英子)

(第5回了・全5回)

 

◆ISによるヤズディ教徒襲撃の悲劇を追ったドキュメンタリーが放送されます。ぜひご覧ください。

【テレビ朝日系列 全国放送・テレメンタリー2018】 

「イスラム国」に引き裂かれた絆~日本人記者が追った6年」

3人の子どもをISに拉致されたヤズディ教徒一家。村を破壊されクルド兵となった夫を支える妻。

ISに引き裂かれた2つの家族をイラク現地長期取材で追った。

■5月27日(日) ※お住まいの地域によって放送時間が変わります。

関東:テレビ朝日 午前4時30分~5時

関西:ABCテレビ 午前4時55分~5時25分

<<< 第4回  

(5・最終回)子どもを拉致された家族の悲劇
(4)破壊され尽くしたシンジャル
(3)救援作戦と避難民夫婦の思い
(2)拉致女性は「強制結婚」の名でレイプ
(1)「邪教」とされ虐殺、女性らを拉致「奴隷」に