大村一朗のテヘランつぶやき日記~日本製品は日本人に聞け 2009/01/13

090113_iran_001.jpg【テヘランの電気街で見つけたパナソニックの看板。企業名もさることながら日本製であることが強調されている】(撮影:大村一朗)

テヘランつぶやき日記

 

毎日の通勤には、職場の送迎車を使う。もちろん私専用のハイヤーなどではなく、幾つかの決められた通勤ルート上に住む職員たちを拾いながら職場に送り届けてくれる、乗り合いの送迎車である。

私が出勤する午前10時という時間帯は出勤者が少ないようで、いつも乗客は私とインドネシア人のふたりだけである。しかし、運転手はローテーションで各ルートを担当するのか、毎日違う顔ぶれだ。
今朝、私が車に乗り込むと、運転手が切り出した。なんでも彼が以前買った、テレビに設置する小型の薄型テレビが壊れてしまい、困っているという。その先は聞かなくても予想ができた。

「まず、箱に書かれていた代理店に電話してみたんだけど、どうも潰れちゃったみたいで、自分で修理できる場所を探してみたんだよ。けどLCDの小型テレビなんか修理できるとこはなかなかなくて、うちの職場の技術部にも頼んでみたんだけど、設計図がないと無理だって言われた。

インターネットでそのメーカーのホームページを開いてみたんだけど、英語で書かれてて良く分からないんだよね。韓国のメーカーだよ。ほら箱にKOREAって書いてある。いやあんたが日本人なのは知ってるよ。でもうちの職場に韓国の部署はないからさ。どうしたもんかな。何か手はないものかなあ」

イランで生活していると、よく電化製品のことで赤の他人からものを頼まれる。日本から持って帰ってきた携帯電話が使えないから見てくれとか、親戚から譲ってもらった日本製のFAXの使い方が分からないから家に来て教えてくれとか、どうみても日本製とは思えない、「MADE IN JAPAN」とわざとらしく書いてあるステレオを、日本人なんだから修理できるだろと言われたりする。
次のページへ ...