イランの首都テヘランで2009年、日本人の母親たちが子供のために日本語補習校を立ち上げた。校庭で元気に遊ぶ子供たち(撮影筆者2010)

◆テヘラン日本語補習校

妻は学齢期前の子どもを持つ日本人女性の会、バッチェミーティングの役員任期を終えて、今度は出来て間もない日本語補習校の講師の仕事を始めていた。

首都テヘランには、日本企業の駐在員とその家族、日本人留学生、そして、イラン人と結婚した日本人女性たちといった具合に、いくつかの日本人コミュニティーが存在する。
私も妻もすでに学生ではないし、駐在員たちの集う日本人会は敷居が高いので、我が家(主に妻)はもっぱらイラン人と結婚した日本人女性の集まりに混ぜてもらっていた。こうした日本人女性の中で、学齢期の子供を持つお母さんたちが集まり、子供たちに日本語を学ばせる日本語補習校を立ち上げたのは、1年前の2009年9月のことだった。

テヘラン市街に数ある文化センターの一つに、イランの週末にあたる木曜の午後3時半、母親に連れられて子供たちが元気に通ってくる。小学校低学年から中学生まで、生徒数は20人ほど。クラスは、日本語基礎クラス、低学年クラス、高学年クラスの三つが、年齢ではなく、実力に合わせて編成されている。講師は有志の母親が務め、日本で使われている小学生用の国語の教科書とともに、先生手作りの教材が使われる。

この補習校に子供を通わせる母親たちの思いは様々だ。いずれは家族揃って日本への移住帰国を考えている母親もいれば、イランでの永住を決めている人もいる。高学年クラスに子供を通わせる、あるお母さんは、イランでの永住と、イラン社会で子供を育ててゆくことを決めた理由を、ここで夫の仕事が安定し、家族が一緒に過ごせる時間が十分に取れること、そして、初めての異国での生活の中、家族のように親身になって助けてくれ、出産のときには病院にまで付き添ってくれた近所の人たちとの親密な人間関係にあると語ってくれた。それは何物にも代えがたく、日本に戻ってもそうした環境に恵まれる保証はない。それでも、自分の祖国の言葉と文化を学ばせたいと、毎週この補習校に子供を通わせている。

別のお母さんも、イランでの永住を決めながら、子供の将来の選択肢を広げてあげたいと思い、この補習校に子供を通わせる。日本人の片親を持ちながら日本語を知らないことで、あとあと子供に悔しい思いをさせたくない。親として、今出来ることをしてやりたいと話してくれた。

イランでは6月には学校が夏休みに入る。お母さんたちの多くは、6月になるとさっそく子供たちを日本に連れ帰り、まだ夏休み前の日本の小学校に1か月間だけ通わせ、そのまま夏休みを日本の子供たちと過ごさせる。それでも、秋にイランに戻り、イランの小学校に通い、イランで日常を過ごすうちに、子供は日本の小学校で習ったことの多くを忘れてしまう。この補習校に通わせれば、それをかなり補えるという。
次のページへ