APN_iran_banner020_tehran

【ノウルーズの正月飾りの一つ、青草には、最近こんなにかわいいものも見られる】(テヘラン/撮影:佐藤左知子)

【ノウルーズの正月飾りの一つ、青草には、最近こんなにかわいいものも見られる】(テヘラン/撮影:佐藤左知子)

大村一朗のテヘランの風縲怎Iバマ大統領からのニューイヤーメッセージ 09/03/25

3月20日午後3時13分40秒の春分をもって、イランは新年を迎えた。テヘランでは市街のあちこちで花火が上がり、イラン正月ノウルーズの始まりが宣言された。春の始まりを生命の再生と捉え、春分を新たな年の始まりとして祝うノウルーズは、イスラム以前からのイラン土着の習慣であり、ノウルーズの伝統は中東から中央アジアにかけて今も広く残っている。

ノウルーズの伝統と、それが近隣国に今も受け継がれていることを、世界帝国を築いたペルシャの文化的残滓として、イラン人は大変誇りに思っている。ノウルーズのこの日に、イランの政府と国民に和解を呼びかけたアメリカのオバマ大統領のビデオレターは、そのタイミングも内容も、イラン人のプライドを大いにくすぐるものだった。

『世界の至るところでノウルーズを祝っているすべての人々にとって、今日が良き日でありますように』
『ノウルーズはあなた方のよく知られた偉大な文化のほんの一部に過ぎず、歴史を通して、あなた方の芸術、音楽、文学、創造は、世界をより素晴らしく、美しい場所へと変えてきた』
『我々はあなた方が偉大な文明の保持者であり、あなた方が生み出してきたものは、合衆国と世界の尊敬を喚起してやまない』
イラン人の耳に心地よいフレーズがこれでもかと続いた後、オバマ大統領からの新年のメッセージは、本筋に入る。

『30年に渡り、我々両国の関係は緊張にさらされてきたが、そろそろ互いの人間性を持ち寄り、手を取り合うべき時が来た』
そしてこれを境に両国にとって新時代を切り開こうではないかと続く。
これまでアメリカはイラン国民に民主化(つまり蜂起)を呼びかけることはあっても、イランで合法的に政治活動を行なう改革派にさえ支持を表明したことはなく、ましてや保守本流である体制指導部に和解を呼びかけたことなど一度も無かった。これは、アメリカが、イランの現体制がもはや磐石なものであり、体制転覆など有りえないということを理解し、交渉相手として認めたことを意味している。

革命後30年を経て、いよいよイランに新時代が到来するのか、と私は少々熱くなった。そして、オバマ大統領がペルシャ語で「ノウルーズおめでとう」と言ったというこのビデオレターを一目見ようと、帰宅するや早速テレビのスイッチを入れた。ところがその晩、テレビのニュース専門チャンネルでは、オバマ大統領のビデオ映像はおろか、これに関するニュースすらほとんど見当たらない。せいぜい、イラン政府はこのメッセージを歓迎しつつも、その内容を今後詳しく吟味する、といった慎重な、味気ない反応だけだった。

翌日、イラン暦元旦に当たる21日、イラン東部の聖地マシュハドで行なわれた最高指導者ハーメネイー師の、新年祝賀演説で、前日のオバマ大統領のメッセージに対する公式な回答が、最高指導者の口から発せられた。
それは、「言葉だけなら何とでも言える」、「本当にアメリカが変わったのなら、行動で証明して見せろ」という辛辣なものだった。
次のページへ ...