・アーシュラーの騒乱1

【この夜の国営メディアでは、暴徒の破壊活動により公共施設に数千万円相当の被害が出たと報じられた】(2009/12/27)

テヘランつぶやき日記
大村一朗のテヘランつぶやき日記 ・アーシュラーの騒乱1  2009/12/27
アーシュラー当日、今日も海外メディアによる抗議デモの取材は一切禁止されている。僕は午前10時に家を出て、テヘラン市街の西外れにあるアーザーディー広場でバスに乗った。このバスは、デモが予定されている、テヘランを東西に貫くアーザーディー通りとエンゲラーブ通りを一直線に進み、市街の東外れまで走ってくれる。バスの車窓から町の様子を見て、状況次第でバスを降りてみようと考えていた。

休日で本数が少ないため、バスの中は身動きが出来ないほど混んでいる。4キロほど走り、ナヴァーブ通りの交差点に近づいたところで、早速、治安部隊と群衆が衝突していた。バスの中の若者らは「ヤーホセイン!ミールホセイン!」と外の群衆に声を合わせ、しまいには運転手にバスを停めさせ、衝突に加わるため我先にとバスを降りていった。催涙ガスが放たれているのか、人々が顔を覆いながら歩道を逃げ惑っている。
「歴史は繰り返す、か……」
背後に立っていた初老の紳士がつぶやいた。31年前のイスラム革命と、この光景が重なって見えるのだろう。

歩道で一人の男が群衆に取り押さえられ、殴られたり蹴られたりしている。
「スパイだな……」
隣の男が誰に言うでもなく言う。いわゆる「私服」が、どういう理由からか素性がばれて群衆に捕まったらしい。男は必死の表情で釈明と哀願をしていたが、それでも裏通りへ引きずり込まれそうになり、すんでのところで周囲の手を振り払って逃げ去った。改革派のデモ参加者は、もはや理性の集団などでは決してない。そういった段階は当の昔に過ぎ去った。今はもう、彼らもまた、敵を叩きのめしたい衝動に駆られているのだ。

この衝突にバスの運転手は恐れをなしたのか、バスはエンゲラーブ広場まで1キロほどを残したこの地点で突然左折してしまった。そして500メートルほど南に下ると、平行するジャムフリー通りを進んだ。その後は、いたるところで例年通りのアーシュラーの行進や、テント小屋付近で食事や飲み物をふるまう人々の姿が見られた。

バスが再びエンゲラーブ通りに戻ったのは、昨日も激しい衝突があったという、テヘラン市街東部のイマームホセイン広場だった。
直径100メートルはあるロータリー式のこの広場は、車両と人で埋め尽くされ、バスが何台も立ち往生していた。広場の斜向かいでは治安部隊とデモ隊の衝突が起り、催涙ガスが打ち上げられ、広場のこちら側では、小さな子供も参加する通常の追悼行事が粛々と行なわれていた。

そのとき、信じられない光景が目に入った。一台前のバスに治安部隊が乗り込み、女の乗客一人を警棒で殴りつけ、バスから引きずり降ろしていた。その女が何をしたのか分からない。携帯で写真を撮ろうとしたのか、改革派のスローガンを叫んだのか、定かではない。

「何も叫ぶんじゃないわよ!」
同じようにその光景を見ていた車内のおばさんが、僕ら男の乗客に向かって声を押し殺すようにそう釘を刺した。
バスはゆっくりと治安部隊の前に進み、僕は帽子を深く被りなおした。バスの扉が開いた。乗り込んできたのは一組の親子連れで、治安部隊ではなかった。怖くて、バスの外を見ることも出来なかった。(つづく)