◆テヘラン物件事情

相方をイランに呼び、一緒に生活するため、私は5月の半ば頃から不動産屋まわりを始めた。大学には夫婦寮もあったが、そこは大学院の正規の学生用で、私のような語学研修生は入居できないのだった。

「不動産屋」というペルシャ語を覚えてみると、これまで何の事務所だろうと思っていたほとんどのものが不動産屋だった。イランは今、土地バブルの真っ只中。不動産投機がさかんに行われている。商店街を歩けば、至るところに「マスキャン(住まい)」などの文字を掲げた看板が見つかる。そのうちの一軒に入ってみた。
「アパートを探しているのですが」
「借りるのか? 買うのか?」
「借ります」
「いくらだ?」
イランでのアパートの借り方は、日本のそれとは少し違う。不動産屋で「いくらだ?」と訊かれるとき、それは入居時に大家に支払う保証金と、月々支払う家賃の二つを意味する。

「保証金は500万トマン、家賃は3万トマンほどで......」
「ないね」
そこはタジュリーシュと呼ばれる山の手の繁華街で、私が通うデホダも近い。だが、この近辺の相場は私の希望金額の倍近いことが次第にわかってきた。

イランで初めてアパートを借りたエンゲラーブ広場。あらゆる種類の店が軒を並べるが、テヘラン大学の学生街として、映画館や、書店街がすぐそばにあるのが気に入った。

イランで初めてアパートを借りたエンゲラーブ広場。あらゆる種類の店が軒を並べるが、テヘラン大学の学生街として、映画館や、書店街がすぐそばにあるのが気に入った。

続きを見る...

<<6回へ | 記事一覧 | 8回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。