◆妻をイランに呼び寄せる
イランに住み始めて4ヶ月が過ぎた6月、配偶者ビザがやっと認められ、私は妻をイランに呼び寄せた。
彼女とは8年の同棲の末に、私が日本を発つ一ヶ月前に籍を入れた。イラン留学を控えて余裕のなかった私は、式を挙げることもなく入籍だけ済まし、あげく彼女を一人日本に残してイラン入りしていたのだ。

妻にとってイランは、イラクとの違いも分からないほど未知の土地だった。首都といっても、テヘランなど所詮、砂埃の舞う辺鄙な田舎町程度にしか思っていなかった。

成田空港では、号泣しながら家族や友人と今生のお別れを交わし、不安におののきながらイラン航空機に乗り込んだ。ボーイング747spという骨董品のようなその機体が、さらに不安を煽った。

首都テヘランの夜景。これは市外北部の丘の上から撮影したものだが、上空から見下ろす町全体の夜景はさらに荘厳。

首都テヘランの夜景。これは市外北部の丘の上から撮影したものだが、上空から見下ろす町全体の夜景はさらに荘厳。

 

しかし、およそ10時間余の空の旅を終え、機体が夜のテヘラン上空に差し掛かったとき、真っ暗な大地に砂金をばら撒いたかのような壮大な夜景に目を見張ったという。日本の夜景とは違う、オレンジ色単色の夜景は、私が四ヶ月前に目にしたときも、全ての不安を打ち消してしまうほどの美しさだった。

続きを見る...

<<7回へ | 記事一覧 | 9回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。
越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう