シャフララのアパート。庭の水やりが日課となった。

シャフララのアパート。庭の水やりが日課となった。

 

◆引越し 新しい町へ
街路樹の葉が強い陽射しを受け、まぶしい緑を放っていた。2005年の初夏を迎えようとしていた。

その春、私はすでにペルシャ語学校・デホダの最終タームを修了していたが、もうしばらくイランに残りたいと考えていた。もっともっとこの国を知りたいと思ったからだ。
だがデホダを修了した以上、デホダに代わる新たな受入れ先が見つからないことには、ビザの滞在期間延長は叶わない。そこで、安易な選択とは思ったが、大学院に行くことにした。テヘラン市街中心部にあるタルビヤテ・モダッレス大学院(直訳すれば、教員養成大学院)への入学手続きを進めた。

出来ることなら、デホダの母体であり、寮や教務課にも通い慣れたテヘラン大学の大学院に行きたかったが、ここは私費留学生にとって学費が恐ろしく高い。この当時、外国人私費留学生を広く受け入れているテヘラン市内の大学院の中で、学費が最も安かったのがタルビヤテ・モダッレス大学だったのだ。

6月、7月と、私は入学手続きのため、何度も大学に足を運んだ。入学試験はなく、必要書類を提出するだけなのだが、教務課だけでなく、学部長、学部事務長、専攻の教授等々、何人もからスタンプやサインをもらわなければならない。せっかく足を運んでも、相手が不在なら出直すしかない。

続きを見る...

<<24回へ | 記事一覧 | 26回へ>>

 

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。