冬至の夜「シャベ・ヤルダー」はイランの伝統行事。この夜配ったナズリー袋は、シャベ・ヤルダーを楽しく過ごしてほしいという思いが込められている。(撮影筆者)

冬至の夜「シャベ・ヤルダー」はイランの伝統行事。この夜配ったナズリー袋は、シャベ・ヤルダーを楽しく過ごしてほしいという思いが込められている。(撮影筆者)

 

◆ナズリーを手伝う
日々40度を超える酷暑の夏が過ぎ去ると、短い秋の余韻にひたる間もなく、テヘランは一気に冬へと向かっていた。
外気はマイナス。だが部屋の中は暖かい。イランでは、ほとんどの集合住宅が地下に共用のボイラー室を備えている。

そこから各世帯の全ての部屋へ熱水が供給される。全ての部屋にルームヒーターが設置されており、取っ手をひねれば熱水が循環し、瞬く間に部屋を暖めてくれる。この熱水循環式のヒーターを24時間つけっぱなしに出来る贅沢は、天然ガス埋蔵量世界第2位の強みだろう。

イランの冬は、日本の冬とは比較にならないほど快適だ。
大学院生活が始まって3ヶ月が過ぎようとしていたが、私たち夫婦はまだKさんの所有するアパートの管理人室に住んでいた。大学構内の夫婦寮は申請者が多く、しばらくは入れそうにない。だが、たとえすぐ入れたとしても、あまり気が進むものではなかった。買い物には非常に不便な場所だったし、何より私にとって、大学院は多大なストレスを感じる場所だったからだ。

それに、私たちはこの管理人室がとても気に入っていた。Kさんはよく差し入れを持ってきてくれたし、長年の海外暮らしで身につけた、納豆や豆腐、漬物や干物などの作り方を惜しげもなく妻に教えてくれた。

続きを見る...

<<27回へ | 記事一覧 | 29回へ>>

 

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。