ナタンズの少年。同国中部の町ナタンズ近郊の核施設は、2002年に在米反体制イラン人グループによってその存在が明らかになった。ナタンズは歴史建築の残る静かなオアシス都市。(2006年撮影・筆者)

ナタンズの少年。同国中部の町ナタンズ近郊の核施設は、2002年に在米反体制イラン人グループによってその存在が明らかになった。ナタンズは歴史建築の残る静かなオアシス都市。(2006年撮影・筆者)

◆イラン核問題はこうしてはじまった(1)

○国連安保理付託へ賛成票を投じた日本~友人の反応は?

それは2006年の2月、数日前に大学院の前期試験が惨憺たる結果で終わり、大きなため息をつきながら、ひとりキャンパスを歩いていたときのことだった。偶然クラスメートのハサンと出くわした。彼は私を見ると、にやりと笑って口を開いた。

「サラーム、元気か? 昨日、日本は賛成票を入れてくれたなあ」

昨日2月4日のIAEA(国際原子力機関)緊急理事会において、日本を含む27ヵ国がイラン核問題の国連安保理付託に賛成票を投じたのだ。安保理付託が決まったのは知っていたが、日本が賛成票を投じたかどうかなど、考えもしなかった。

「日本人ってのは、ちょっと昔に原爆落とされたことを、もう忘れちまっているのか?でもまあ、原爆2発も打ち込まれて戦争にも負けて、国は米軍基地でいっぱいになっても、最後は経済で勝ったんだしな」

つまり、アメリカの言いなりになって繁栄するか、逆らって潰されるかのどちらかだと彼は言いたいのだ。
賛成票を投じた以上、自分は日本人の一人として、彼の嫌味の一つも聞き流してやらなければなるまいと思った。ハサンは普段、物静かでとても真面目な男なの だ。何より、私とはそれほど親しくもなかった。そんな彼が突っかかってくるのだから、安保理付託はイラン人全体にとって相当にショックな出来事だったのだ ろう。

続きを見る...

<<28回へ | 記事一覧 | 30回へ>>

 

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。