妊娠中、重たいイラン食は食べられないが、イランの安くて豊富な果物には助けられた。最もつわりが重い時期には、ミキサーでジュースにして飲んだ。(撮影筆者)

妊娠中、重たいイラン食は食べられないが、イランの安くて豊富な果物には助けられた。最もつわりが重い時期には、ミキサーでジュースにして飲んだ。(撮影筆者)

 

◆イランでの妊婦生活(下)

イランの家庭料理はバラエティーに富んでいるが、外食となると、途方に暮れるほどレパートリーが少ない。家から徒歩で行ける外食と言えば、ピザやハ ンバーガーといったファーストフード、ご飯と焼き物、あるいはご飯と煮込み料理のパック詰め弁当、臓物の串焼き屋、そして、羊の足と頭をじっくり煮込んで 目玉や脳、頬肉をいただくキャレパチェ屋くらいしかない。どれもおいしいが、こってりとしてボリュームがあり、健康体の私ですら、猛烈に腹が減ってがつん と重いものを食べたい衝動に駆られた日でもなければ、わざわざ外食してまで食べに行こうとは思わない。つわりで苦しむ妻はなおさら、一口たりとも口に出来 るものはない。

「ゼリー食べたい」

妻がそう望めば、翌日、私は勤め先のラジオ局からバスで20分ほど行った繁華街、タジュリーシュのお菓子屋さんでゼリーの素を買い、家路につく。あるいは、近所の食料品店でゼラチンとフルーツジュースを買って帰ることもある。
納豆や豆腐の作り方も、日本人であるアパートのオーナーKさんから教わったし、市場で買った魚で干物も上手に作れるようになった。白菜やキュウリ、カブの浅漬けや糠漬けもある。インドネシア産の醤油にオレンジを搾った付けダレでいただく水炊きも、妊娠中の定番メニューだ。

続きを見る...

<<33回へ | 記事一覧 | 35へ>>

 

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。