2月、テヘラン市街から見上げるエルブルース山脈(撮影筆者)

2月、テヘラン市街から見上げるエルブルース山脈(撮影筆者)

 

◆イランに戻る条件

イランの首都テヘランを南北に貫くヴァリアスル通りは、全長およそ18キロ、中東で最長とも言われる。イランで最も繁華できらびやかな通りだ。私の 新たな職場、イラン国営放送もこの通りに面している。出勤第一日目を終え、ショーウインドウの明かりに照らされたヴァリアスルの歩道に出ると、この雑踏の 中にいるのが信じられないことのように思えてくる。一度はすっかり諦めたイランなのだ。

10カ月前、妻は日本で元気な男の子を出産した。3人家族となった私たちは、しばらくの間、私の実家に身を寄せることになった。古巣のイラン国営放 送・ラジオ日本語課から、番組枠拡大に伴い、正規職員が増員される可能性があると聞かされていたため、私はアルバイトをしながら、その決定をしばらく待っ てみることにしたのだ。

生後4カ月が過ぎたある日、何の前触れもなくその出来事は起こった。イランの友人と国際電話で話している私のもとへ、妻が息子を抱きかかえ、叫び声をあげながら走ってきた。

「息してない!!」

すでに息子の顔色は浅黒く変色し、唇は紫色に変わっていた。授乳の直後、「ギャッ」と奇声を発したかと思うと、そのまま動かなくなってしまったとい う。名前を叫ぼうが顔をはたこうが意識が戻らない。腕の中で、命の火がみるみる消えかかろうとしているのが分かる。119番に電話をかけると、オペレー ターに人工呼吸を指示された。

続きを見る...

<<34回へ | 記事一覧 | 36回へ>>

 

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。