テヘランのメインストリートの一つヴァリアスル通りを埋め尽くすムーサヴィ支持者の街頭運動。支持者らはムーサヴィー派のシンボルカラー、緑を身に着けている。選挙後の騒乱では、彼らは自らを「緑戦線」と呼ぶことになる(2009年6月・撮影筆者)

テヘランのメインストリートの一つヴァリアスル通りを埋め尽くすムーサヴィ支持者の街頭運動。支持者らはムーサヴィー派のシンボルカラー、緑を身に着けている。選挙後の騒乱では、彼らは自らを「緑戦線」と呼ぶことになる(2009年6月・撮影筆者)

 

2009年6月に行われた第10期イラン大統領選挙について、この選挙の顛末を詳細に知りたいと思う読者はごく少数かもしれない。しかし、それを承知であ えて記しておこうと思う。この選挙は、イランの現代史、政治史の大きな転換点となった出来事であり、私と家族にとっても、イラン生活の転機となった出来事 だったからだ。

投票日まであと数日と迫った頃には、首都テヘランは異様な熱気に包まれていた。前回、2005年の大統領選挙のお祭り騒ぎと比較しても、度を越した盛り上がり方と言ってよかった。
加熱する、若者を中心とした市民の草の根の選挙運動と言えば聞こえはいいが、夜中の2時を過ぎてもクラクションを鳴らし立て、奇声を発しながら住宅街を我 が物顔で暴走する、選挙運動に名を借りた迷惑行為の数々には、いつからこの国はこんなに自由な国になったのかと首を傾げたくなるほどだった。
そもそもこの選挙自体、いつからこれほどの盛り上がりを見せるようになったのだろう。当初は、候補者の顔ぶれから、高い投票率は望めないだろうというのが一般的な見方だったのに。

遡ること2週間前の5月20日、内務省から発表された第10期イラン大統領選の候補者は4人。再選を目指す現職のマフムード・アフマディネジャード 大統領(52)、元国会議長で国民信頼党党首のメフディー・キャッルービー師(72)、イラン・イラク戦争時代に首相を務めたミールホセイン・ムーサ ヴィー氏(68)、そして、革命防衛隊の元総司令官で、現在は公益評議会書記のモフセン・レザーイー氏(54)である。
前回8名で争われたのが、今回はわずか4名であること、そして、その4名ともが立候補審査を難なくパスできる、体制に忠実な人物であることから、のちに過剰なまでの盛り上がりを見せるこの選挙戦も、その幕開けは静かなものとなった。

続きを見る...

 

<<43回へ | 記事一覧 | 45回へ>>

【イランの大統領と選挙制度】
国家元首は宗教指導者であり、大統領は行政府の長という位置付けに過ぎないが、州知事や大使の任命権などを有する。任期は4年で連続2期8年まで継続可能(一度退任すれば再立候補は何度でも可能)。16歳以上の直接選挙で選ばれるが、立候補には厳しい資格審査があり、現イスラム体制に忠実な人物しか立候補を認められない。この資格審査という制限によって、イランの民主主義は不完全なものであると欧米諸国から非難されている。また国内でも、このような選挙制度のもとでは、経済問題や人権問題など、国の根本的な問題は何も変わらない、と冷めた見方をする国民も多いが、選挙に不正はないとの前提のもと、自身の一票を国政に生かそうという国民も多数いる。また投票の際に身分証に押されるスタンプの数が少ないと、進学や公務への就職、パスポートの取得などに影響すると言われており、そのために高校生のほとんどは投票に行く。1979年のイスラム革命以降、2009年までに10期6名の大統領が選出されている。
この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。