イランで反サウジアラビア感情がこれまでになく高まっている。イランの首都テヘランのサウジアラビア大使館前で11日、市民による大規模な抗議デモが行われた。500人規模といわれるこのデモの発端は、2週間前のある事件にさかのぼる。(大村一朗)

イランのザリーフ外務大臣のフェイスブックのページには、この事件の早期解決を求める書き込みが多数寄せられている。

イランのザリーフ外務大臣のフェイスブックのページには、この事件の早期解決を求める書き込みが多数寄せられている。

 

3月28日、イランの正月、ノールーズの長期休暇を利用してサウジアラビアのメッカを訪れたイラン人巡礼団が、メッカに近いジェッダ空港から帰国の途に着 こうとしたときだった。最後の出国審査で14歳と15歳の少年2人だけが嫌疑をかけられ、取り調べのために連れて行かれた別室で、空港職員2名から性的暴 行を受けたという。不審に思った少年らの家族によって、少年らは救い出された。

イランの準国営イスナー通信がイラン巡礼庁長官の話として次のように報じている。

「その場で事件が巡礼団全体に伝えられると、彼らは帰国便への搭乗を拒否し、ジェッダのイラン領事館に通報しました。その結果、ジェッダの警察長官 と空港警察、空港の専属医師が呼び出されました。彼らはこの問題を非常に重要な事件として審理し、当事者の少年2人の協力をもって、その晩にも2人の空港 職員を拘束しました」

続きを見る...