20150730_APN_mosul620A

「ISは必ず破綻する」
武装組織「イスラム国」(IS)戦闘員だったアリ・ハラフ(26)は、クルド部隊ペシュメルガとの戦闘中に拘束され、収監された。質問に淡々と答えていた彼だったが、家族の話になると言葉を詰まらせた。「斬首処刑を繰り返す非情な集団」というイメージと裏腹に、人間的な表情をのぞかせた元戦闘員。普通の市民だったイラク人青年を、過激な武装組織へと駆り立てたのは、アメリカによって始まったイラク戦争でもたらされた混乱と、イラクのマリキ政権によるスンニ派への過酷な対応、そして貧困だった。【取材:玉本英子】

◆市民生活はどういう状況か?
アリ:学校は小学校から高校まで、みんな通っているが、勉強の内容はイスラムの授業が中心になった。店も物価が高騰しているが、ふつうに物が並んでいる。病院も開いているが、いい医師はすでに逃げ出し、若い医師が残っているだけだ。女性たちは外出するとき、顔や全身を黒いヒジャブで覆わなければならない。もし顔などを出した女性がいたら、その夫は公衆の面前で殴られることになる。自分たち戦闘員はイスラム系のテレビしか見なかったが、一般家庭では家の中で衛星放送が見られたので、アル・アラビアなどのアラブ系のニュースチャンネルを通して、情報を得ていたと思う。

窃盗や強盗は宗教裁判所で裁かれた上、処罰される。窃盗は鞭打ちや手の切断、強盗殺人など重罪の場合は公開で処刑されるという。

窃盗や強盗は宗教裁判所で裁かれた上、処罰される。窃盗は鞭打ちや手の切断、強盗殺人など重罪の場合は公開で処刑されるという。写真のひざまずいている男は強盗罪の判決が下され、このあと銃殺された。共犯とみられる男は斬首されている。イスラム法による公開処刑や斬首刑はサウジなどでも行われており、これだけをもってISが特殊とすることはできない。また治安が崩壊した地域では強盗が横行しているため、見せしめであってもこうした処罰が犯罪抑止に一定の効果を上げている側面もある。ただ、犯罪捜査や裁判が公平に行われているかは不明だ。このほか、同性愛や姦通罪は石打ち刑や、ビルから突き落とすなどの処刑が行われている。ニナワ県 IS映像より

◆ヤズディ教徒(ヤジディ)の女性たちが「戦利品」としてISの戦闘員に売られたことは知っているか?女性たちを見たことはあるか?
アリ:知っているが(ヤズディ女性を)直接見たことはない。外国人の戦闘員が買っていると聞く。自分も含め、地元の戦闘員はすでに結婚していたし、地元の女性たちと付き合えるので必要がないが、外国人戦闘員は、地元女性と出会う機会もないので、ヤズディ女性を買っていたのだと思う。

続きを見る...

<<<イラク>「イスラム国」戦闘員インタビュー2 へ

<玉本英子のシリア報告><玉本英子のイラク報告>