イラン・イラク戦争で戦死した潜水兵らの棺を出迎えるテヘラン市民。盛大な追悼式典の様子を各メディアが報じた(ニュースサイト・PARSINEより)

イラン・イラク戦争で戦死した潜水兵らの棺を出迎えるテヘラン市民。盛大な追悼式典の様子を各メディアが報じた(ニュースサイト・PARSINEより)

 

◆イラン・イラク戦争時の戦死兵~両手を縛られ、生き埋めか 今月17日、イランの首都テヘランで、大規模な追悼式が催された。イラン・イラク戦争中に戦死したイラン軍兵士270名の遺体が帰還し、市民数万人がイラン国旗に包まれた兵士たちの棺を出迎えた。イランの各メディアが報じた。

今回帰還したイラン兵の遺体は、今年5月にイラク領内で発見された。戦後30年以上が経過した今も、イラン・イラク国境周辺では、両国による戦没兵 士の遺体発掘作業が続けられている。270名の遺体のうち175名は潜水兵で、1986年の第4次カルバラ作戦の際、ペルシャ湾に近いアルヴァンド川 (シャットルアラブ川)の渡河作戦に参加した兵士とされている。

彼らは潜水服を着たまま、両手を縛られた状態で発見された。一部の遺体を検死した結果、外傷がまったく見つからないことから、生き埋めにされた可能性が高く、イラン国民に改めて生々しい戦争の記憶と、死地に赴いた若者たちへの哀悼を呼び起こしている。

◆式典では政権批判も噴出
追悼式が行われたバハーレスターン広場では、政権批判と思われる、『彼らは、お前たち(イランの政治家たちを指す)が両手を広げて盗みを働くために、両手 を縛られ死んだのではない』などと書かれたプラカードを掲げる市民の姿が見られた。ニュースサイト・パルスィーネが伝えたところでは、この式典の演説者の 一人は、「イスラム体制にあって、我が国の政治家たちは外国へ行っては好き放題にやっている。彼らは外国の外交官の前で高価な服で自らを装い、相手のご機 嫌を伺い、交渉(核交渉を指す)をする。くそ食らえだ」と発言し、聴衆の抗議を受けたという。

イランで「政権批判」を繰り広げるのは改革派ばかりではない。今では、イランの現体制の強力な支持母体である、イラン・イラク戦争の退役軍人会や戦没者遺族団体等の保守勢力の間に、政権への強い不満がくすぶっている。

イラクでフセイン政権が倒れると、イランは仇敵であるイラクの強力な支持国の一つとなり、またアメリカとも同じ核交渉のテーブルにつき、あたかも雪 解けの時代を迎えようとしている。最高指導者ハーメネイー師が全面的に支持し、国策として推し進められている核交渉と交渉チームへのあからさまな中傷は、 現状への彼らの不満と危機感、そして「我々はなんのために命をかけて戦ったのか」というやり場のない怒りの現れに他ならない。(大村一朗)


【イラン・イラク戦争】(1980~88)
イラン・イスラム革命が成立した翌年、イラン国内の混乱に乗じてイラクのサッダーム・フセイン政権がイラン領内へ全面攻勢をかけて開戦。イランによる革命の輸出を恐れたアラブ諸国や欧米・ソ連がイラクを支援する中、劣勢に立たされたイランは多数の義勇兵を動員した人海戦術で応戦。両軍合わせて100万人以上の犠牲者を出した。