テヘラン大学構内で行われた「学生の日」の集会。「労働者と学生は団結を」とプラカードが掲げられたが、学生と市民は当局によって見事に分断された。2009/12/7(動画投稿サイトの映像から)】

テヘラン大学構内で行われた「学生の日」の集会。「労働者と学生は団結を」とプラカードが掲げられたが、学生と市民は当局によって見事に分断された。2009/12/7(動画投稿サイトの映像から)】

◆学生の日

12月7日は、イランでは「学生の日」とされている。もとを辿れば、親米パフラビー王政下の1953年のこの日、ニクソン米大統領のイラン訪問に反対したイラン人学生3人が治安当局に殺害された事件に端を発する。イランに数ある反米記念日の一つとして、毎年、保守派学生らが官製セレモニーを行なってきたが、今年、2009年のこの日は、大統領選挙後の騒乱の余勢を駆って、改革派が反政府デモを計画していた。

前回、大規模なデモが行なわれた「アメリカ大使館占拠記念日」からほぼ1か月しか経っておらず、しかも、今回は元気の有り余った大学生たちが主役とあって、政府はこれまで以上に神経をとがらせている。報道によると、イランに駐在するすべての外国メディアに、7日から9 日までの3日間、支局外での取材と国外へのレポート送信を禁止すると当局から通達があったという。場合によっては徹底的な弾圧も辞さないということだ。

昼過ぎ、ゆっくりと家を出た。実際、集会が何時頃行なわれるのか報じられてはいない。場所はテヘラン市内の各大学の構内だろう。とりあえず、バスでテヘラン大学に近いエンゲラーブ広場に向かうことにする。

自宅から少し離れたバス停まで、商店街の下り坂をゆっくりと歩く。倒れたバイクを起こすのを手伝ってくれとおじさんに呼び止められ、手伝うと笑顔で礼を言われた。銀行のATMを使おうとしたら、「それ、壊れてるわよ」と近くにいた女性が教えてくれた。姿見を注文しようとガラス屋を覗くと、随分前に一度来ただけなのに、店の主人が私のことを憶えていた。なんだか気持ちの良い日だなと思い、やっと心が前向きになる。

この平穏な場所から、わずか15分ほどで、バスは「戦場」に着く。いつもそのギャップに戸惑いを覚える。空爆、迫撃砲こそ来ないが、投石と催涙弾の応酬、時には実弾も飛び、官憲の手に落ちればその後の運命は誰にも分らない。

エンゲラーブ広場近くのバスターミナルでバスを降りると、そこからテヘラン大学正門まで500メートルほど距離がある。歩道にはすでに治安部隊が配置され、行き交う人々に厳しい視線を向けていた。改革派のシンボルカラーである緑を掲げている人は、一人も見当たらなかった。

続きを見る...

 

<【連載】イランを好きですか?>記事一覧

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。