11月23日、イラン国会は麻薬犯罪の量刑(死刑)を軽減する法案を可決した。ニュースを伝えるISNA通信サイト

11月23日、イラン国会は麻薬犯罪の量刑(死刑)を軽減する法案を可決した。ニュースを伝えるISNA通信サイト

 

イラン国会は23日、麻薬犯罪者に対する死刑の代替刑導入に関する法案を賛成多数で可決した。これにより、同国の麻薬犯罪者の死刑執行の80パーセントがなくなると予想される。(アジアプレス/大村一朗)

この麻薬取締法の改訂では、一部の事例を除き、これまで死刑または無期懲役とされた事例を禁固25年から最大30年に減刑する。今後も死刑が維持される事例は以下の4つに限定される。

1.犯罪グループの首謀者または構成員の一人が逮捕時に銃火器で武装していた場合、または銃火器や刃物を運んでいた場合
2.逮捕者が組織的な麻薬犯罪組織の首謀者である場合
3.麻薬犯罪で死刑または10年以上の禁固刑の判決を受けた前科がある者の再犯
4.麻薬取締法第8条の薬物を大量に製造または密輸した場合(重量は未決定)

改訂案を今期国会に提出したイラン国会司法・法律委員会のハサン・ノウルーズィー議員は、「現在イランではおよそ5000人の死刑囚が刑の執行の待っており、その90パーセントが麻薬密輸犯罪者である。しかし、そのほとんどは初めて運び屋に手を染めた者であり、首謀者は国境の向こうで指揮を取っている」とし、「初めて麻薬を所持あるいは運搬した者、あるいは利用されたりだまされたりして運び手となった者たちを処刑の対象にしてはならない」と述べる。
次のページへ