イランの革命記念日で、最高指導者のポスターを自転車に取り付けていた男性(撮影筆者/2010年)

イランの革命記念日で、最高指導者のポスターを自転車に取り付けていた男性(撮影筆者/2010年)


◆イスラム革命勝利31周年記念日

激しい衝突の起こったアーシュラーからおよそ1カ月半、早くも次の機会が訪れていた。例年ならお祭り気分の漂うイスラム革命勝利記念日。政府は全ての政府機関と公的機関の職員、その家族を動員し、パレードへの参加を国民に呼びかけている。一方、改革派もこれに乗じて抗議デモの開催を呼びかけていた。事態のなりゆきを内外が注目していた。

2月11日、イスラム革命勝利31周年記念日の朝を迎えた私は、およそ5カ月ぶりにイランに戻ったばかりの妻と子に笑顔で手を振り、家を出た。今日は勤め先の放送局の仕事としてパレードを取材することになっていたから、取材許可証を持たされていた。怖いものなしだ。

続きを見る...

 

<【連載】イランを好きですか?>記事一覧

【関連記事】
<イラン>「死刑大国」返上へ 麻薬取締法改訂案が国会で可決(上) 死刑8割減の予想 大村一朗
<イラン>「死刑大国」返上へ 麻薬取締法改訂案が国会で可決(下) 司法府高官も理解示す
<イラン>多発する女性への酸攻撃、その背景とは(上)

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。