ISは制圧後のシンジャルからいくつも宣伝映像を公開した。(2014年・IS映像)

ISがシンジャルを制圧した2014年8月以降、町と村の奪還を巡って激しい攻防が続いてきた。IS襲撃前に地域の防衛にあたっていたクルド自治政府のペシュメルガ部隊、そして地域一帯に勢力圏を広げていたクルディスタン労働者党(PKK)だ。

クルド旗とペシュメルガ部隊。(2016年・シンジャル近郊・撮影:玉本英子)

クルド部隊の猛攻をうけて、シンジャルの一部地区から一時撤退に追い込まれたISだが、近郊のタラファルやバアジなどから援軍を送り込み、町をめぐって一進一退の状況が続いた。この頃、クルド人どうしの組織であるはずのペシュメルガとPKKの政治的対立関係が顕在化し、IS掃討作戦に影響を与えることとなった。

米軍主導の有志連合やイラク軍は、ISの軍事拠点に対して空爆作戦を敢行。写真は有志連合軍が公表したシンジャル近郊でのIS拠点への爆撃。(2015年2月・CJTF-OIR映像)

次のページ:ミルザのペシュメルガ駐屯地にもISの一斉突撃がかけられたことがある...()