ISの「首都」だったシリアのラッカ取材中のアジアプレス玉本英子。10月撮影坂本卓

シリアで3年4カ月にわたり武装勢力に拘束されていたジャーナリストの安田純平さんが解放され帰国した。

途端に一部メディアやネット空間で、「外務省が退避勧告しているのにシリアに入った」「危険地域の取材は外国メディアに任せればいい」という非難が沸き起こっている。私は中東の紛争地を訪れたたことはないが、強権国家の北朝鮮、中国を長く取材してきた。安田さんとは、マスメディアに所属しないフリーという身分も含めて「同業」だ。その立場から戦場や紛争地の取材についての考えを記したい。

◆国家は戦場隠す

まず前提。報道機関は紛争・戦争を取材し伝えなければならない。義務・使命と言ってもいい。なぜか? 紛争地や戦場は、国家が極大の暴力を国策として行使する場所だからだ。どの国家も、暴力の行使に大義を掲げ正当性を主張する。それが本当か、国民は監視しなければならない。だから報道機関には取材を求めなければならない。しっかりやれ、怠慢するなと。

現場では、自国の兵士も傷つき死ぬ。他国の無辜(むこ)の民を誤爆などで死なせることもある。捕虜虐待や残虐行為が行われることもある。国家はそんな「不都合な事実」を隠ぺいしようとする。イラクにおける米軍の行動だけを振り返っても、そんな事例は山ほどある。

日本はどうだ? 自衛隊のイラク派遣(2005年)、南スーダンの国連平和維持活動(2016年)の日報が隠ぺいされた事件は記憶に新しい。戦闘地域には送らないとしていた自衛隊が、現地駐屯地で銃撃されたり被弾したりした事実を防衛省は隠していた。

戦前、日本軍があらゆる戦線でボロボロに負け続けている事実を国民はまったく知らされなかった。日本の報道機関は総屈服し、大本営が発表する虚構を垂れ流して国民を欺くお先棒を担いだ。中国はじめアジアの国々で、日本軍による残虐行為が行われていることも知らされなかった。結果、夥しい人命が失われ、国は滅亡の淵に追いやられた。

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

越えてくる者、迎えいれる者 ― 脱北作家・韓国作家共同小説集

韓国入りした北朝鮮人作家6人と、韓国の作家7人による共同小説集。
脱北作家たちの作品からは、窺い知ることが難しい北朝鮮民衆の暮らしぶりを知ることが出来ます。

訳者: 和田とも美

出版社: アジアプレス 出版部
価格: 1,490円(税込) 送料無料!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう