◆第9期イラン大統領選挙(1)~政治の季節
2005年、イランに来て二度目の春が過ぎた。当面の目標だった語学学校も全課程を修了し、さてこれからどうしたものかと思いあぐねていた。
イランを伝えることをジャーナリストとしての第一歩にしようと心に決め、イランを再訪した私だが、記者らしい仕事はまだほとんどしていない。何を見ても、もの珍しかったこの1年余は、数々の宗教行事や年間行事、イラン人の日常生活といった、どちらかといえば身の回りで起こった出来事について、こつこつとインターネット上に書き続けてきたくらいだ。

第9期大統領選挙の最有力候補、ラフサンジャニ師のポスターを掲げる支持者。

第9期大統領選挙の最有力候補、ラフサンジャニ師のポスターを掲げる支持者。

大帝国を生んだ悠久の歴史と、そこに裏打ちされた土着の文化、さらにイスラム教シーア派に根ざした人々の日常は、それだけで好奇心を掻き立てるのに十分だった。だから、あえて政治に関わる必要はないと考えていた。イラン人の強烈な政治性を薄々と感じながらも、政治は堅苦しい、物騒だと避けて通ってきた。

しかし、どんなに目を閉じ、避けて通ろうとしても、否応なくその出来事は目と耳に飛び込んでくる。4年に一度、6月に行われる大統領選挙が近づいていた。それは物騒どころか、何か祭の前のように街を浮き立たせていた。

2期8年を務めたハタミ大統領は、3選を禁じる法律により、政権を新たな大統領に譲り渡さなければならない。テレビも新聞も、大統領選挙の候補者選びのことでもちきりだった。しかし、これまで政治的なことを避けてきた私には、複雑な政治体制と選挙制度が高い壁のように目の前に立ちはだかり、何から手をつけていいのかさっぱり分からない状態だった。

続きを見る...

<<18回へ | 記事一覧 | 20回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。