熱狂的な支持者に囲まれる改革派候補キャルビー師。4年後の大統領選挙後の騒乱で、暴動の首謀者の一人として自宅に軟禁されることになる。(撮影筆者/2005年6月)

熱狂的な支持者に囲まれる改革派候補キャルビー師。4年後の大統領選挙後の騒乱で、暴動の首謀者の一人として自宅に軟禁されることになる。(撮影筆者/2005年6月)

 

◆第9期イラン大統領選挙(5) ~改革派の敗北
第9期イラン大統領選挙の投票日から一夜明けた2005年6月18日早朝、私はモーイン候補のテヘラン地区選挙本部前にいた。玄関のベルを鳴らし、インターホン越しに日本のフリーのジャーナリストだと伝えると、鉄の扉が開き、若い男性が私を中へ招きいれた。

そこには選挙運動員や改革派の新聞記者たちが集まっていたが、重苦しい空気に包まれていた。ナンとチーズの朝食を黙って口に詰め込む者、机に突っ伏してうなだれる者、疲れ切った表情で議論をかわす者。私を中に通してくれた男性に問うと、すでに50%ほど開票作業が済み、その結果は思いがけないものだったという。

これまで数多く行われた世論調査の結果通り、首位はラフサンジャニ師だが、2位を争そうと期待されたモーイン候補とカリバフ候補が4位、5位と低迷しており、これまでの世論調査でほとんど上位に上ったことのないキャルビ師とアフマディネジャード候補が接戦で首位のラフサンジャニ師を追い上げていた。

改革派系日刊紙「エクバル」の記者だというその男性は憤りながら言った。
「なぜなのかわからない。アフマディネジャードは何かしたかもしれない。例えば偽造身分証を使って複数回投票させたり、もともと投票箱に彼の票を仕込んでおいたり。もちろん何の証拠もないよ。でも保守派候補の中でさえ彼の人気は低かったんだ。やっぱりこの結果はおかしい」

続きを見る...

<<22へ | 記事一覧 | 24回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。