アフマディネジャード候補を支持する若者。テヘランで。(撮影・筆者 2005年)

アフマディネジャード候補を支持する若者。テヘランで。(撮影・筆者 2005年)

 

◆第9期イラン大統領選挙(4) ~保守派の面々
アメリカ大統領選挙が民主党と共和党の戦いであるように、イラン大統領選挙も保守派と改革派という2大勢力の対決である。アメリカと異なるのは、双方に統一候補が生まれず、各派に複数の候補が乱立しての票の奪い合いになる点である。2005年に行われた第9期イラン大統領選挙では、保守派から4人、改革派から3人、そして両派を超越する立場にあるラフサンジャニ師の合計8人による混戦となった。

もちろん、両派はそれぞれ統一候補を擁立するため、政党間で長い協議を重ねてきた。候補者が多ければ多いほど、票が分散され、自派から大統領を生み出す可能性が狭まるからだ。例えば保守派は、国営企業、軍、革命防衛隊、バスィージ(保守派傘下の民兵組織)、宗教諸財団、またその関連企業の関係者等、全人口の1割にあたる約700万人の組織票を有していると言われる。4人もの候補が乱立しては、せっかくの組織票が意味をなさない。にもかかわらず、改革派大統領の誕生阻止という至上命題のために身を引こうという人物がいないところは、いかにもイランらしいと思わざるをえない。

続きを見る...

<<21回へ | 記事一覧 |23回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。