集会後、会場を後にするエブラヒム・ヤズディー氏と、彼を暴徒の襲撃から守るため、「人の鎖」で囲むボランティアたち。ヤズディー氏は、革命前はフランスに住むホメイニ師の相談役を務め、革命後は外務大臣、首相顧問等の要職を歴任。改革派の重鎮の一人として今回の選挙に立候補届出を行ったが、資格審査で落とされた。現体制による逮捕歴も多数ある。(撮影筆者 2005年6月)

集会後、会場を後にするエブラヒム・ヤズディー氏と、彼を暴徒の襲撃から守るため、「人の鎖」で囲むボランティアたち。ヤズディー氏は、革命前はフランスに住むホメイニ師の相談役を務め、革命後は外務大臣、首相顧問等の要職を歴任。改革派の重鎮の一人として今回の選挙に立候補届出を行ったが、資格審査で落とされた。現体制による逮捕歴も多数ある。(撮影筆者 2005年6月)

 

◆第9期イラン大統領選挙(3) ~イラン政治の洗礼
学生たちの流れとともに、カールギャル(労働者)通りをまっすぐ南に下ってゆく。途中、右手に懐かしい建物が見えた。私とディックが1年余を過ごしたテヘラン大学生寮だ。ほとんどの建物の窓ガラスは割れ、代わりにシーツやビニールなどが張られている。学生の姿もまばらだ。道路に面して建つ留学生棟23号棟も、今や誰も住まない廃墟と化している。

1999年7月、テヘランで発生した騒擾事件は世界を驚かせた。この事件は、改革派系新聞サラーム紙の発禁処分に端を発し、抗議運動の震源地となったテヘラン大学学生寮は、一昼夜に渡って革命防衛隊、治安部隊、「私服」と呼ばれる保守派民兵の攻撃にさらされた。寮内の施設は破壊され、学生側の死者7名、逮捕者数百名を出し、拘束後に行方の分からなくなった者も多数いたと言われる。

この寮襲撃事件の余波はイランの各都市に野火のように広がり、イスラム革命(1979年)以来最大の騒擾事件と呼ばれることになる。テヘランでは、この事件の責任追及の矛先が最高指導者ハメネイ師に向けられ、学生たちのデモ隊が最高指導者事務所の間近まで迫り、治安部隊と一触即発の事態にまで発展した。

続きを見る...

<<20回へ | 記事一覧 | 22回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。