ハタミ大統領の弟であり、改革派最大政党・イラン・イスラム参加戦線党首レザー・ハタミ氏にインタビューするディック。(2009年6月 筆者撮影)

ハタミ大統領の弟であり、改革派最大政党・イラン・イスラム参加戦線党首レザー・ハタミ氏にインタビューするディック。(2009年6月 筆者撮影)

 

◆第9期イラン大統領選挙(2) ~改革派候補の選挙集会
イランは「宗教民主主義」という世界でも稀な体制を標榜している。これは宗教と民主主義の融合、両立を目指すものだが、実際には、イスラム法シャリーアの枠内で、より民主的な体制を打ち立てようとするものであり、自ずと宗教が民主主義に優越する。

例えば、憲法をはじめとする全ての法律は、イスラム法に則ったものでなければならず、政治家になるにも、イスラム法学者の承認を得なければならない。

今回の第9期大統領選挙についても、1014人が立候補の「届け出」を行ったが、イスラム法学者、つまりイスラムのお坊さん6人と世俗の法律家6人の計12人で構成される護憲評議会の書類審査によって、最終的に正式な立候補者と認定されたのは、わずか6人に過ぎなかった。1014人を6人に絞った審査基準とは何か。イラン憲法第9章115条には、大統領たる者の資格として次のようにある。

『大統領は以下の条件を満たす宗教界、政界の要人の中から選ばれなくてはならない。イラン国籍を有する真正なイラン人であること。管理能力、優れた経歴、信用を有すること。イランイスラム共和国の体制と国教に対して敬虔であり忠実であること』

続きを見る...

<<19回へ | 記事一覧 | 21回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。