合計8人乗りのミニ観覧車。感心するのは、オーナーがどの子をいつ乗せたのか常に把握していることだ。お客は途切れることなく、複数の公園をかけもちすれば、恐らく流しのタクシー運転手よりずっと割りのいい仕事だろう(大村一朗 2009年撮影)

合計8人乗りのミニ観覧車。感心するのは、オーナーがどの子をいつ乗せたのか常に把握していることだ。お客は途切れることなく、複数の公園をかけもちすれば、恐らく流しのタクシー運転手よりずっと割りのいい仕事だろう(大村一朗 2009年撮影)

 

◆テヘランでの幸福な記憶

朝、私が家を出ようかという頃、息子は自分でサチュレーションモニター(睡眠時の血中酸素飽和度と脈拍を計るモニター)の電源を切り、キッチンまで よたよたと歩いてきて座り込むと、足についているセンサーを取ってくれとアピールする。センサーは先端がテープ状になっており、足の甲に貼り付けた上から 靴下をはかせ、さらに簡易な靴も履かせて容易に外れないようになっていた。

生後4か月で呼吸を止めて病院に担ぎ込まれて以来、睡眠時無呼吸症の息子は、2歳が近づいても相変わらずモニターのお世話になっていたし、寝るときは常に片足に靴下と靴を履いている。

サチュレーションモニターはもともと血中酸素濃度を測ることが主目的の機器だが、毎分の心拍数と心拍の強さを表示し、心拍音も聞かせてくれる。赤ん 坊の心拍数を気にかける親など滅多にいないだろうが、これが実に役に立つのだ。物言えぬ赤ん坊が熱を出して寝込んだとき、表情だけでは病状の進行は読み取 れない。そんなとき、心拍数は、病状が悪化しているのか快方に向かっているのかを判断する大きな材料になる。また、平常時の心拍数が日ごと、月ごとに低下 していくことは、肉体の成長そのものを物語る嬉しい兆候だった。

一方、睡眠時の血中酸素濃度については、数値の低下と、それに伴いアラームが鳴る頻度は、以前とたいして変わっていない。小さな呼吸停止は毎夜数回 は起こり、アラームが鳴るたびに私たち両親は起きて息子の寝顔を確認する。すでに自力で呼吸を回復し、安らかな寝顔をしているときもあれば、少し苦悶の表 情を浮かべているときもある。妻はそんなとき、「また呼吸さぼってはるわ・・・・・・」とつぶやく。

続きを見る...

 

<<39回へ | 記事一覧 | 41回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。