テヘラン市街、近所の公園にて。老若男女問わず、イラン人は公園が大好きだ。(大村左知子撮影/2009)

テヘラン市街、近所の公園にて。老若男女問わず、イラン人は公園が大好きだ。(大村左知子撮影/2009)

 

◆テヘランの「子ども会」

朝10時、職場に向かう私を見送った後、妻は洗濯などの家事をこなし、遅い昼食を取る。午後は近所の公園に息子を連れて行ったり、商店や馴染みのケーキ屋で買い物をしているようだ。
歩いて10分ほどのところにあるバザールへは、できるだけ私が休みの日に一緒に行くようにしていた。バザールでの買い物は、肉も野菜も1キロ、2キロ、卵 も30個入りワンプレートで買うため、妻が子連れで持ち帰るのは困難だからだ。それでも妻は息子を連れてしばしばバザールへ出かけていた。どこの売り場で も妻と息子の顔は知られていて、会計のときには大抵、レジの兄ちゃんが息子を抱っこしてくれたり、逃げ出さないように捕まえていてくれたりするという。

ときには息子を抱えて、市バスや地下鉄で友達の家まで遊びに行くことも珍しくなかった。バスはたいてい混雑しているが、赤ん坊を抱えていればまず席を譲ってもらえるし、赤ん坊だけを膝に置かせてくれる女性客もいるという。
車内では誰かしら声をかけてくれたし、息子が泣いたり騒いだりして静かにさせようとしたら、「いいのよ、子どもなんだから!」と逆にたしなめられてしま う。一度地下鉄で、女性専用車両ではない普通車両に乗ってしまったとき、すし詰めの車内で息子を抱いた妻の回りだけ、周囲の男性客によってスペースが作ら れていたという。

イラン人が子ども好きなのに加え、レディーファースト、とりわけ子どもを抱いた母親への配慮が社会通念として徹底されているため、どこに行ってもい やな目にあうことは基本的にはないというのが妻の認識だった。もともと勝手知ったるこのテヘランで、妻が息子と家に閉じこもることは考えてもいなかった が、私が考えた以上に妻は外に出かけ、私の知らない間に友人を増やしていった。

続きを見る...

 

<<38回へ | 記事一覧 | 40回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。