◆イラン温泉紀行(上)

妻の誕生日に合わせて二泊三日の休暇を取った。どこか近場で温泉でもないだろうかとイラン全土地図帳を引っ張り出し、索引で「アーベ・ギャルム(温 泉)」と探してみると、いっぱいある。日本ほどではないが、アルボルズ山脈やザグロス山脈など険しい山々が連なる国土には、無数の温泉が散らばっているの だ。
イランで温泉と言えば、イラン北東部の有名な温泉街「サルエイン」がある。4年ほど前、仲の良いイラン人一家と一度訪ねたことがある。男女別の、大きな屋 外プールのような温泉が幾つもあった。お湯はお世辞にも綺麗とは言えなかったが、大人も子供も大はしゃぎで、見ているだけで楽しかった。

イランの温泉宿では、個室の家族風呂が別棟にあり、本館から鍵路借りて利用する形式が多い。写真は宿泊したマハッラートの宿の家族風呂

イランの温泉宿では、個室の家族風呂が別棟にあり、本館から鍵路借りて利用する形式が多い。写真は宿泊したマハッラートの宿の家族風呂

 

そして、我が家にとって馴染みの温泉地は、テヘランからおよそ2時間、姿形が富士山を彷彿とさせるイラン最高峰ダマーヴァンド山の麓にある温泉街だ。
ダマーヴァンド山は標高5610m。温泉街は多くの登山客で賑わっている。山自体は禿山だが、温泉街周辺は緑豊かで、湯につかる以外に周辺を散策するだけでもリフレッシュできる。
羊や牛が放牧されている箱庭のように美しい村々を抜けて、木立の間をもくもくと登って行くと、泉があり、山に咲く花や虫を楽しめる。初夏なら、おばさんに 手招きされるまま、格安で庭のさくらんぼを好きなだけ摘ませてもらえる。夜は散策の疲れを温泉で癒す。かなり美味しい村の焼きたてのナンも食べられる。

続きを見る...

 

<<41回へ | 記事一覧 | 43回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。