2009年イラン大統領選挙における国営放送の選挙キャンペーン番組表。赤、青、黄、緑で色分けされた4候補の出演スケジュールが一目で分かる。

2009年イラン大統領選挙における国営放送の選挙キャンペーン番組表。赤、青、黄、緑で色分けされた4候補の出演スケジュールが一目で分かる。

 

◆ 歴史的討論

イランの大統領選挙では、国民の選挙への関心と投票率を高めるために、20日間の選挙運動期間中、国営テレビとラジオで様々な選挙キャンペーン番組 が組まれる。第10期イラン大統領選挙では、それぞれの番組への出演時間が合計17.5時間ずつ、各候補者に平等に与えられることになった。

選挙キャンペーン番組には、「専門家への回答」、「在外イラン人との対談」、「ドキュメンタリーフィルム」、「テレビ討論」といった30分から90 分までの番組があり、くじ引きで決まった順番に、候補者が各番組に出演する。なかでも注目の番組は、立候補者4人による総当り、1対1の「テレビ討論」で ある。イランの大統領選挙では初の試みだ。
90分のこの番組では、出演する二人の候補にそれぞれ40分の持ち時間が与えられる。囲碁の対極よろしく、発言は交互に行なわれ、話した分だけ持ち時間がカウントされてゆく仕組みだ。

「テレビ討論」の二日目。その日の出演は、今期大統領選挙の本命と目される二人、現職のアフマディネジャード大統領と改革派のムーサヴィー候補だった。夜10時半、国民の多くが見守る中、後に「歴史的討論」と呼ばれることになる討論の幕が切って落とされた。

続きを見る...

 

<<44回へ | 記事一覧 | 46回へ>>

【イランの大統領と選挙制度】
国家元首は宗教指導者であり、大統領は行政府の長という位置付けに過ぎないが、州知事や大使の任命権などを有する。任期は4年で連続2期8年まで継続可能(一度退任すれば再立候補は何度でも可能)。16歳以上の直接選挙で選ばれるが、立候補には厳しい資格審査があり、現イスラム体制に忠実な人物しか立候補を認められない。この資格審査という制限によって、イランの民主主義は不完全なものであると欧米諸国から非難されている。また国内でも、このような選挙制度のもとでは、経済問題や人権問題など、国の根本的な問題は何も変わらない、と冷めた見方をする国民も多いが、選挙に不正はないとの前提のもと、自身の一票を国政に生かそうという国民も多数いる。また投票の際に身分証に押されるスタンプの数が少ないと、進学や公務への就職、パスポートの取得などに影響すると言われており、そのために高校生のほとんどは投票に行く。1979年のイスラム革命以降、2009年までに10期6名の大統領が選出されている。
この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。