写真キャプション: イランの宗教儀式アーシュラーで、市街の各地区の設けられるテント小屋(撮影・筆者/2009/12/25)

写真キャプション:

イランの宗教儀式アーシュラーで、市街の各地区の設けられるテント小屋(撮影・筆者/2009/12/25)

 

◆ アーシュラーへのカウントダウン

夜の9時過ぎになると、アパートの部屋のすぐ真下、目の前の通りからドスン、ドスンと太鼓の音が響いてくる。これが始まると、もうテレビの音さえまともに聞こえない。
イスラム暦モハッラム月(2009年は12月18日からの1カ月間)が始まって以来、日に日に太鼓の音は激しくなってゆく。モハッラム月10日(12月27日)のアーシュラーの宗教儀式に備えた予行練習だ。

アーシュラーは、イスラム教シーア派3代目イマーム・ホサインの殉教を

悼む追悼儀式で、シーア派最大の宗教儀式と言える。アーシュラーの日に行なわれる行進、殉教劇、炊き出しなどの拠点となるテント小屋があちこちに設営されている。実際、5分も歩けば別のテントが見えてくる。その一つが我が家の目の前にもあるのだ。

追悼儀式と言っても、決してしめやかな行事ではない。むしろ、男の血が騒ぐ勇壮な祭りだ。太鼓のリズムと哀歌に合わせ、黒装束の男たちが鎖の束で自らの体を打ちつけながら町を練り歩く。煙幕の中、あちこちで羊が屠られ、路上は鮮血に染まる。「戦場」という言葉が自然に浮かぶ。7世紀、ホセインたちが殉教したキャルバラの戦いに思いを馳せる仕掛けが町中にあふれている。

殉教の精神とシーア派の正当性、そしてシーア派の団結を人々の心に呼び起こすアーシュラーだが、今年のアーシュラーは、6月の大統領選挙以来続いてきた改革派による一連の抗議デモの流れを受け、これまでで最大規模の抗議運動が起ると予想されていた。ただでさえそのような事態の中、さらに追い打ちをかけるような出来事が最近になって起こった。

アーシュラーを一週間後に控えた12月20日のことだ。この日、改革派の精神的支柱と言われた大アヤトッラー、ホセインアリー・モンタゼリー師(イランの最高指導者ハーメネイー師より階位は上)が突然亡くなった。翌日、テヘラン南部の宗教都市ゴムで行なわれた埋葬式には、政府の妨害にもかかわらずイラン全土から同師を自らのマルジャ(宗教上の規範)とする数十万人の市民が集まり、反体制のスローガンを叫び、治安部隊と小競り合いを起こした。

イランでは死後3日目、7日目、40日目に追悼式を行なうが、政府はモンタゼリー師の家族に、この追悼式の開催を禁じた。

しかし、3日目には多くの市民がゴムで追悼集会を開き、拘束者も出たという。そして7日目は、あろうことかアーシュラーの日と重なるのだ。改革派の指導者らは、この日にモンタゼリー師の追悼式とデモ行進を市民に呼びかけた。これまでで最大の反政府デモになることは明らかだった。

続きを見る...

 

<【連載】イランを好きですか?>記事一覧

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。