◆生活者であるということ
当初、私と妻のペルシャ語の授業は同じ時間帯に行われていたため、一緒に登下校していたが、秋口からは午前と午後に別れてしまい、入れ違いに学校に通うことになった。
家から学校まではバスで一本だし、我が家の近くのバス停は終点なので、乗り過ごす心配もない。とはいえ、まだイランに不慣れな妻を一人で遠出させるのは心配だった。
何より心配なのは、道路をうまく渡れるかだ。

イランの市バスは中で男女が区切られている。スペースの比率は3:2ほどで、女性スペースは大抵込み合っている。

イランの市バスは中で男女が区切られている。スペースの比率は3:2ほどで、女性スペースは大抵込み合っている。

イランで車道を横断するには、相応の覚悟とテクニックが要る。片側二車線ほどの道路を、三車線、四車線に入り乱れながら押し寄せてくる車を、一台、また一台とかわしながら前進してゆく。次の、そのまた次の車線の流れ見極めながらだ。

イラン人は子供の頃から慣れているので、躊躇している私の横から平然と道路に踏み出し、まるで全ての車の動きを見切っているかのように、歩くペースを変えることなく渡りきる。

イランでの生活が半年足らずの私には、まだ到底真似の出来ないことだ。車の往来が激しく、どうしても踏み出せないときには、誰か別の歩行者が来るのを待って、その人を盾にするようにして一緒に渡るしかない。それが女性やお年寄りの場合は、いつも情けない気持ちでいっぱいになる。

我が家からエンゲラーブ広場のバスターミナルまでは歩いて5分ほどだが、車の往来の激しいアーザディー通りを渡らなければならない。
私と一緒のときには、私が妻の手を引き道路を渡るが、妻が一人のときには、必ず誰かを盾にして渡るよう、私は当初から言い聞かせていた。

続きを見る...

<<11回へ | 記事一覧 | 13回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。