◆初めての断食月 挑戦と挫折(上)

10月16日午前4時過ぎ、ニュース速報のような電子音とともに、テレビの画面下に小さく「テヘラン地区 朝のアザーンまで30分」と表示された。夜明けのアザーン(礼拝呼びかけ)とともに、1ヵ月に及ぶ断食月ラマザーンがまもなく始まる。

外を眺めると、通りを挟んだ向かいのアパートには、明かりの灯る窓が4つ。人々はこの時間に起きて朝食を取り、その日の断食に備える。テレビ画面のカウントダウンは「あと10分」、「あと5分」と5分刻みの表示になり、早く食事を済ませるよう促す。

そしていよいよテレビから朝のアザーンが流れはじめた。近所のモスクからも、まだ未明の静寂の中、アザーンの朗誦が聞こえてくる。5分ほどでアザーンが終わると、さきほど灯っていた窓明かりがぽつりぽつりと消え始める。もう一眠りするのだろう。

数種のハーブ類と豆、麺を煮込んだアーシュ・レシテ。カリカリに揚げたタマネギとニンニクのスライス、炒めた乾燥ミント、くせのある乳製品キャシュクを上から添えて食べる。

数種のハーブ類と豆、麺を煮込んだアーシュ・レシテ。カリカリに揚げたタマネギとニンニクのスライス、炒めた乾燥ミント、くせのある乳製品キャシュクを上から添えて食べる。

イスラム教徒には五行と呼ばれる5つの義務がある。信仰告白、礼拝、喜捨、巡礼。そしてもう1つ、年に1度、イスラム暦(太陰暦)の9月にあたるラマザーン月に行われる断食。

ラマザーン月の1ヶ月間は、日の出から日没まで、日が出ている時間帯は食事だけでなくタバコや水を口にすることも出来ない。また、声を荒げたり、人と争ったりすることを慎み、喜捨に努め、忍耐力と自制心を養う。旅人、病人、妊婦、そして異教徒は例外とされるが、せっかくイランにいるのだ、イスラム教徒の断食がどういうものなのか、私と妻も挑戦してみることにした。

続きを見る...

<<12回へ | 記事一覧 | 14回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。