ジャーナリストの安田純平さん。一切の海外旅行ができない状態が続く。(本人提供)

 

国際報道に携わる者とって由々しき事態だ。東京在住のジャーナリスト・安田純平さんが政府に旅券の発給を拒否されているのだ。

安田さんは信濃毎日新聞を退社して2003年からイラクやシリアなどの紛争地を取材してきたベテランだ。2015年6月にシリアの内戦を取材するためにトルコから越境したところで武装勢力に拉致され、3年4カ月間も幽閉された。2018年10月にトルコ経由で無事に帰国したことは大きく報じられた。

[関連記事] なぜ危険地帯を取材するのか? ジャーナリスト5人が語る危険地帯取材の意義と課題

安田さんは、2019年の1月に家族と海外旅行に行くために旅券発給を申請したのだが、さんざん待たされた揚げ句、7月になって発給を拒否されてしまう。

外務省は「トルコから5年間の入国禁止措置を受けている」と発給拒否の理由を説明したが、根拠として持ち出したのが旅券法13条1項1号だ。そこには「渡航先に施行されている法規によりその国に入ることを認められない者」には旅券発給を拒否できると定められている。

だが、トルコ政府からそんな通知は受けていないと安田さんは言う。しかも政府は、トルコだけでなく、お隣の韓国などあらゆる外国に出る道を断ってしまった。事実上の出国禁止措置だ。国際報道に携わるジャーナリストにとって、海外渡航を封じられるのは職業を奪われるに等しい。

外務省から安田さんに送付された「一般旅券拒否通知書」(本人提供)

■政権に従順でないジャーナリストへの「懲罰」か

なぜ、政府は旅券を出さないのか? 安田さんはこう考えている。

外務省が退避勧告した地域を取材する者には旅券を出さないこともある、という見せしめだと思います。ジャーナリストの紛争地取材を制限するために、私の拘束事件を利用しようとしているのではないでしょうか

国境を越える移動・旅行の自由は憲法で保障された国民の権利だ。22条は次のように定める。

何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない」。

外務省の措置は権利侵害である。それだけでなく、政権に従順でないジャーナリストを標的にした懲罰のようにも映る。2020年1月、安田さんは旅券発給拒否の取り消しなどを求めて東京地裁に提訴した。

政府が気に入らない者を出国禁止できるようなれば、仮に将来自衛隊が紛争地に派遣されることになった時、取材させたくない人間を選別できるようになりかねません

と安田さんは言う。

[関連記事] 安田純平さんの紛争地取材を支持する 戦地取材しない大メディアの尻を叩こう