◆新生活の驚き
アパートを借りて妻と暮らすようになると、学生寮に住んでいたときには分からなかった様々な事柄に気がついた。
まず、家電製品を揃えるにあたって驚いたことは、ほぼ全ての分野にわたって国産品が流通していることだ。

テレビ、冷蔵庫、洗濯機といった大型家電のいずれも、日本製や韓国製よりも、イランの家電企業の製品が幅を利かせていた。それらはデザインや機能の点では外国製品に劣るものの、価格は半分以下であり、品質も決して悪くない。学生寮の各部屋に備え付けられていた冷蔵庫、共同キッチンのガステーブル、ランドリー室の共同洗濯機、どれもかなりの年代モノだったが、学生たちの手荒な扱いにもめげず健気に動いていたのを目にしていた私は、迷うことなくイラン製の家電製品を新生活のために買い揃えた。

考えてみれば、イランは中東で唯一、国産自動車の生産レーンを持つ国である。もともと何でも自前で作れる国なのだ。鍋や皿、寝具のたぐいもすべてイラン製でまかなうことが出来た。
(これは2004年当時のことで、その後、家電製品や車は韓国製が、雑貨は中国製がイラン市場を席巻し、イランの製造業は次第に衰退していくことになる。)
机やソファーといった家具については、わずか1、2年のために新品を買う必要もないと思い、市街東部の中古家具街で買い揃えた。

イランの八百屋で見かけないのは、さつまいも、ごぼう、エノキや椎茸、しめじなどだが、手の込んだ日本食を作ろうと思わなければ何の問題もない。写真はよく通ったエンゲラーブ広場の八百屋。平茸をよく買い、ホイル焼きやバター炒めをよく作った。

イランの八百屋で見かけないのは、さつまいも、ごぼう、エノキや椎茸、しめじなどだが、手の込んだ日本食を作ろうと思わなければ何の問題もない。写真はよく通ったエンゲラーブ広場の八百屋。平茸をよく買い、ホイル焼きやバター炒めをよく作った。

 

自炊のために様々な食材を自分で買うようになったのも、この頃からだ。学生寮時代は、生協が配布する安い食券を買って、寮内の大食堂で夕食を済ませていた。だからこの国の八百屋にどんな野菜がいくらで売られているのかさえ、ろくに知らなかった。

八百屋を訪ねてみると、日本で見かけるたいていの野菜は揃っていた。だが、味は随分と違った。イランの野菜はどれもとびきりおいしかった。

イランでは、キュウリは果物の部類に入り、青臭さがなく、ほんのりと甘い。ナイフで皮を削いだ上から塩を軽くふり、丸かじりする。ニンジンはびっくりするほど甘く、街角の生ジュース屋さんでは、健康志向とは無関係に、ニンジンジュースは定番メニューとなっている。

続きを見る...

<<10回へ | 記事一覧 | 12回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。