抗争終結後しばらくたって、庭を訪れるようになった別の猫。そのうち、子どもを連れてくるようになった。(撮影筆者)

抗争終結後しばらくたって、庭を訪れるようになった別の猫。そのうち、子どもを連れてくるようになった。(撮影筆者)

 

◆テヘラン 猫物語
テヘランの街角には野良猫が多い。私たち夫婦が移り住んだシャフララという地区は特に、革命前にドイツ人技師の手によって建てられた古いレンガ造りの団地が何棟も並び、その軒下や、木々に囲まれた敷地が彼らの格好の居場所となっていたため、至るところに野良猫たちの姿を目にすることが出来た。

ペルシャ語を学び始めた頃、その発音に最も違和感を覚えたのが「猫」だった。例えばペルシャ語で「犬」は「サッグ」、「馬」は「アースブ」、「牛」は「ガーブ」、「ねずみ」は「ムーシュ」など、たとえ外国語でも、「ああ、なるほど」と何となくイメージと名称がしっくりくるものがほとんどだが、「猫」つまり「ゴルベ」だけは首をかしげた。小柄でしなやかでかわいらしいという猫の特徴がまったく感じられない。しかもここはペルシャ猫の国ではないか。

こうした先入観はイランで暮らすうちに次第に消えていった。まず、イスラム的な衛生観念から、イランでは家猫というものを見たことがなく、猫といえば野良猫を指す。当然、きれいで毛並みも良く、愛想のいい猫など皆無である。中にはペルシャ猫の系譜かと思われる毛足の長いタイプもいるが、都会のほこりにまみれて、汚れたモップのようにしか見えない。

彼らは日本の野良猫のように公園で堂々と日向ぼっこをしていることはない。植え込みや木立の中、あるいは街路のゴミ箱の中などに身を潜め、人が近づけばさっと場所を変える。また、イラン人もそうした猫たちに関心はなく、近くにいれば、「シッー!」と追い払うし、女子高生たちは「ギャー!」とまるでネズミかゴキブリでも出たかのように悲鳴を上げる。

続きを見る...

<<25回 へ記事一覧 | 27回 へ>>

 

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。