7つの「S」で始まるものに加え、様々な縁起物が卓上を彩るノウルーズの飾りつけ「ハフトスィーン」(撮影筆者)

7つの「S」で始まるものに加え、様々な縁起物が卓上を彩るノウルーズの飾りつけ「ハフトスィーン」(撮影筆者)

 

◆ オバマ大統領からのメッセージ

2009年3月20日、イランは春分をもって新年を迎えた。テヘランでは市街のあちこちで花火が上がり、イラン正月ノウルーズの始まりが宣言され た。春の始まりを生命の再生と捉え、春分を新たな年の始まりとして祝うノウルーズは、イスラム以前からのイラン土着の習慣であり、ノウルーズの伝統は中東 から中央アジアにかけて今も広く残っている。

イラン人は、このノウルーズの伝統と、それが近隣諸国に今なお受け継がれていることを、世界帝国を築いたペルシャの末裔として大変誇りに思っている。それ をもちろん知ってのことだろう、ノウルーズのこの日、就任後まもないアメリカのオバマ大統領が、イランの政府と国民に向けて、両国の和解を呼びかけるビデ オメッセージをネット上に公開した。そのタイミングも内容も、イラン人のプライドを大いにくすぐるものだった。

『世界の至るところでノウルーズを祝っているすべての人々にとって、今日が良き日でありますように』
『ノウルーズはあなた方のよく知られた偉大な文化のほんの一部に過ぎず、歴史を通して、あなた方の芸術、音楽、文学、創造は、世界をより素晴らしく、美しい場所へと変えてきた』
『あなた方が偉大な文明の保持者であり、あなた方が生み出してきたものは、合衆国と世界の尊敬を喚起してやまない』

イラン人の耳に心地よいフレーズがこれでもかと続いた後、オバマ大統領からの新年のメッセージは、本筋に入る。

『30年に渡り、我々両国の関係は緊張にさらされてきたが、そろそろ互いの人間性を持ち寄り、手を取り合うべき時が来た』

そしてこれを境に両国にとって新時代を切り開こうではないかと続く。

続きを見る...

 

<<40回へ | 記事一覧 | 42回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。