◆9年ぶりの再会(上)
私がかつて中国・西安からローマに向かう徒歩旅行でイランを通過し、そのとき多くの人々に良くしてもらったこと、そして、いつかまたイランを訪ね、今度は彼らの言葉、ペルシャ語で彼らと語り合おうと決意したことは、この連載の初回に触れた。

カスピ海沿岸部の緑の山々。乾燥した内陸部のテヘランから訪れると、目が癒される。気候は日本とよく似ている。

カスピ海沿岸部の緑の山々。乾燥した内陸部のテヘランから訪れると、目が癒される。気候は日本とよく似ている。

 

夢叶ってイランを再訪し、まもなく1年が経とうとしていた。だが、私はまだ、古い恩人たちを一人も訪ねることが出来ないでいた。どうせならもう少しペルシャ語が上達してから、というのがいつもの自分への言い訳だった。

実際、私のペルシャ語は伸び悩んでいた。語学学校で机を並べる同級生のほとんどが20代。彼らの上達の早さ、そして、ごく少数の私より年上のクラスメートたちの、目を覆う上達の遅さを見れば、私自身の伸び悩みも、30代半ば近いという年齢的ハンディキャップによるものと認めざるを得なかった。

だから1年もの月日が経とうという頃になってようやく、私は諦めに似た気持ちで、旧友を訪ねるために重い腰を上げたのだった。
私がかつて歩いたのは、イラン北部の道だ。トルクメニスタンから入国し、晩秋のカスピ海沿岸をのんびりと歩き、カスピ海西岸部から厳冬の高原地帯に分け入ると、イラン北西部から西の隣国トルコへ抜けた。

道々多くの人の世話になり、ほぼ毎夜のごとく沿道の民家や食堂、ガソリンスタンドなどに厚意で泊めてもらった。私がそれまで持っていたこの国への先入観、つまり、人々が宗教警察の監視に怯えながら、がんじがらめの生活を送っている厳格な宗教国家、というこの国へのステレオタイプな見方は、あっという間に霧消した。気がつけば、他のどの国よりも安全で愉快な旅を楽しんでいた。

続きを見る...

<<14回へ | 記事一覧 | 16回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。