◆9年ぶりの再会(下)
1995年、私はシルクロードを徒歩横断中で、通りかかったカスピ海沿いのハシットパルという田舎町で、ハミッドとムハンマドの二人に出会った。私たちはまだ20代半ばだった。

当時、彼らは二人とも、町で家具屋を営む父親の仕事を手伝っていた。ハミッドは英語とフランス語を独学でかじり、外国に憧れ、外国人旅行者と見れば声をかけて自宅に連れ帰るような積極的なタイプだった。いや、イランではよくいるタイプと言った方がいいかもしれない。一方、ムハンマドは物静かで、英語が苦手なせいか、私に対しても少し遠慮がちで、ハミッドの横で静かに頷いているような青年だった。

緑に包まれたカスピ海沿岸は、テヘランをはじめとする乾燥した内陸部の都市に住む人々にとっては格好のリゾート地。海水浴場の整備、ロープウェイの設置、その他レジャー施設の建設計画がいたるところで進められている。

緑に包まれたカスピ海沿岸は、テヘランをはじめとする乾燥した内陸部の都市に住む人々にとっては格好のリゾート地。海水浴場の整備、ロープウェイの設置、その他レジャー施設の建設計画がいたるところで進められている。

 

そんな二人に共通していたのは、国と自分自身の現状に対し、すこぶる不満を抱いていることだった。
確かに、1995年当時のイランは、彼らに限らず若者が夢を持てるような国ではなかった。時はラフサンジャニ政権下、反体制派や政敵への暗殺の嵐が吹き荒れ、コミテと呼ばれる宗教警察が国民の生活を嗅ぎまわっていた。イラン・イラク戦争の終戦から6年、戦後復興期は過ぎ、諸外国との関係構築も進んでいたが、個人がビジネスで頭角を現せるような土壌はなく、むしろ、進んだ考えを持つだけで叩かれるような空気が支配していた。イラン人旅行者にやすやすとビザを発給する先進国はもはやなく、外の世界に夢を見出すことも出来ない。

続きを見る...

<<15回へ | 記事一覧 | 17回へ>>

この記事は会員記事です。
すべての写真、記事、動画をご覧になるには、有料会員登録が必要です。
会員の方は、ログインしてください。