◆イラン正月「ノウルーズ」(上)
イランにやってきて1年が過ぎ、まもなくイラン暦の正月を迎えようとしていた。
町は年の瀬ムード一色で、商店街には歳末大売出しの呼び声が響き渡る。とはいえ、イランに来て間もない外国人にとって、春まだ浅い3月に訪れるイランの正月は、どうもピンと来ない。

【正月飾りを店先に並べる八百屋】(テヘラン/撮影:佐藤左知子)

【正月飾りを店先に並べる八百屋】(テヘラン/撮影:佐藤左知子)

 

春分の日を元旦とするイラン暦は、「旧暦」ではなく、現代イランの公式な暦だ。イスラム化によってイスラム暦がもたらされ、近代とともに西暦がもたらされても、今なおイランの国家スケジュールと国民の暮らしは、このイラン暦の元で回っている。そして「ノウルーズ」と呼ばれるイラン正月は、イスラム誕生以前の太古から連綿と受け継がれてきた民族的行事である。

ノウルーズ(直訳すると「新たな日」)は、新たな生命が芽吹く春の神秘を畏れ、自然の再生を祝う祝祭である。ゾロアスター教やその他の古代信仰に端を発するとされるこうしたアニミズム的信仰は、「迷信」を否定し、科学を尊ぶイスラム教のもとにあっても、イラン人の中に脈々と受け継がれている。ノウルーズ以外にも、こうしたアニミズムはイラン暦の中に伝統行事としていくつも残っている。

その一つは、その年の最後の水曜の前夜に行われる「チャハールシャンベ・スーリー(赤い水曜日)」という行事だ。「赤」とは火のこと。この夜、人々は裏通りで小さな焚き火を起こし、「私の災厄をお前に お前の力を私に」と唱えて火の上を飛び越える。自分の病気や悩みを燃やし、代わりにそのエネルギーを授けてくれと火に呼びかけるものだ。一年のけがれを落とし、来る年の無病息災を願う行事である。

この古式ゆかしい行事は、今や大きく変容してしまっている。チャハールシャンベ・スーリーの数日前から、路上では中国製の爆竹や打ち上げ花火が売られ始め、当日はまだ日も高いうちから、「パンッ」と乾いた爆発音があちこちで鳴り始める。そして日暮れとともに、町はあたかも市街戦のさなかにいるような爆発音に包まれる。

表通りに出れば、悪ガキたちが車や歩行者にねずみ花火を投げつけている。もちろん顔めがけて投げるほどの悪ガキはおらず、そっと通行人の足元に投げ、驚く姿に笑い転げているだけだが、やられる方はたまったものではない。中には走る車から花火を投げてくるドライバーもいる。

実際、打ち上げ花火やねずみ花火がどこから飛んでくるか分からず、私は恐れおののきながら家路を急いだ。逃れるように裏通りに入ると、そこは、お手製の「爆弾」に火を点け、壁に投げつけて遊ぶ悪ガキどもの実験場と化しており、急いで踵を返して立ち去った。イランには、外国人だからと嫌がらせをするような人間はいないが、外国人をからかって喜ぶ悪ガキは山のようにいる。彼らの実験台になるのはごめんだ。

初めは焚き火を飛び越える伝統的な風景を見つけようとしていたが、正直もうそんなことはどうでもいいくらい恐ろしくて、私は寄り道することなく急ぎ足でアパートに帰った。爆発音と、ときおり救急車のサイレンが深夜まで続いた。翌朝のニュースは、イラン全土で火傷による多数の負傷者が出たことを伝えていた。
次のページへ ...